ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドアガード破りやサムターン回しを数百円で対策

本格的なホームセキュリティは相応のお金がかかるもの。しかし、ホームセンターの防犯グッズを組み合わせればお手頃価格で実現可能です。何より「自分で工夫する」という楽しみがあります。マンションなど上階の部屋への侵入口は玄関ドアに限られてきます。玄関ドアに対ピッキング性に優れたカギを取り付けていても安心はできません。


ドアガード破りやサムターン回しを数百円で対策

ドアガード破りはヒモを通して解錠する

室内の換気が必要な時代。在宅時にドアを少しだけ開けて、ドアガードをかけて安心している人もいるでしょう。しかし、ドアガードは簡単な方法で突破されてしまいます。

実際、ドアのスキ間から長いヒモを入れて、ドアガードの中に通してドアを閉めると、外側の上部からヒモを引けばドアガードが倒れて解錠されてしまいます。これがドアガード破りの手口です。

このドアガード破りを防止するのが、タカラ産業の「ドアガードストッパー」です。ポリプロピレン製の小さなアイテムですが、仕様上のセキュリティホールを潰してくれます。実勢価格は250円です。

ドアガード破りをストッパーで防ぐ

このアイテムは、ドアガードの先端に取り付けるだけでアームが固定され、ドアガード破りを防ぐ仕組み。外から手を入れてドアガードストッパーを取り除くのは、かなり難しいでしょう。ドアガードストッパーには磁石が付いているので、使わない時はドアにくっ付けておけます。

このほか、ドアスコープの中には、ドアの外側から取り外せるタイプが存在します。あいた穴から長い金属棒を挿し込み、ドア内部のサムターンに引っかけて解錠する「サムターン回し」という侵入手口に使われます。

この対策グッズが日中製作の「透明サムターンキャップ」で、サムターンのノブに被せて押し込むだけ。指でつまんでは回せますが、金属棒は滑ってしまい、引っかけることができません。アナログな方法ですが、理に適った効果的な防犯対策です。実勢価格は525円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事