ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

戦闘機が離陸する交信は通常は民間機と大差ない

航空自衛隊基地で滑走路に向かっている戦闘機は、グランドコントロール(以下、GND)からタワーコントロール(以下、TWR)に移管されます。ここからは、エアーバンドで最も聞き応えのある管制席のTWRとの交信がスタート。飛行場管制席の名前通り、重要な交信が多く、通話内容もバラエティに富みます。


戦闘機が離陸する交信は通常は民間機と大差ない

飛行場には離着陸しない航空機も管制

TWRは、滑走路への進入と離脱、そして離着陸を許可する管制の中枢です。さらに飛行場の上空に設定された円柱状の「航空交通管制圏(以下、管制圏)」に出入りするすべての航空機を管制します。

具体的には、飛行場の半径5マイル、高さ3,000フィートの円柱内が管制圏。管制の対象は軍用機だけではなく、空港が同居する官民共用飛行場では民間機、そして管制圏内を通過するドクターヘリなどの小型機も含まれるのです。

その飛行場には離着陸しない航空機も管制圏を通過する時はTWRと交信します。つまり、TWRの交信からは基地とその周辺空域に関する、あらゆる飛行情報が得られます。

戦闘機の通常の離陸の交信は大差ない

そんな航空自衛隊基地のTWRと空港のTWRの役割は同じですが、軍用機特有の任務や訓練があるので交信の内容は変わってきます。

民間機の大多数を占める定期便の旅客機は、パイロットの目視と航空機の計器によって行うIFRでの離着陸です。そのためILS(計器着陸装置)が整っている空港では、上空から滑走路が見えない雨天でも、電波で誘導されて安全に着陸ができます。

戦闘機は、パイロットの目視で飛行するVFRが多いのですが、通常の離陸では、交信内容に民間機との大きな差はありません。空港のTWRをマスターしていれば、交信内容の大枠はすぐに理解できるでしょう。(文/真田幸雄)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事