ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

サイオニクスプロはISO感度819200の暗視カメラ

撮像素子の製造も行っているサイオニクス社から発売されている、暗視カメラの最上位モデルが「サイオニクス プロ」です。比較的大型な1型の撮像素子を搭載しサイズが大きいものの、画素数を130万画素程度に抑えることで高感度性能に優れ、特に1,000nm付近の近赤外線の感度が高いとのこと。詳しく見ていきましょう。


サイオニクスプロはISO感度819200の暗視カメラ

サイオニクスプロはスマホで映像確認

サイオニクスプロには赤外線ライトは搭載されていませんが、別途用意すると完全な暗闇でも撮影が可能になります。サイオニクスプロ本体は63W×53H×119Dmmと非常にコンパクト。重さは274gです。

サイオニクスプロは重量感があるものの持ち歩きに不便さは感じません。多機能な分ボタンが多いものの、必要な機能に割とスムーズにアクセス可能です。

シャッタースピードやHDRの有無といった一般的なカメラの設定のほか、ナイトモード時の表示をカラーと白黒から選択できます。ファインダーの映像が高精細で、映像が滑らかに動く点も高く評価できるポイントです。

サイオニクスプロはWi-Fiを内蔵しており、専用アプリ「SiOnyxAurora」をインストールしたスマホの画面で、映像を確認したり設定をいじることが可能です。

サイオニクスプロのISO感度は819200

サイオニクスプロの防水性能は「IP67」。塵埃の侵入がなく、一時的に水中に沈めても影響を受けません。雨が降る屋外でも安心して使用できるでしょう。タフな現場でも活躍します。

日中の撮影にも使えるDAYモード、日没直後のTWLTモード、夜間のNIGHTモードの3つに切り替え可能。赤外線ライトを使わなくてもISO感度819200で明るく撮れます。

DAYモードとTWLTモードでは近赤外線の感度を抑えた自然な色合いで、TWLTモードがやや感度を上げた設定。NIGHTモードにすると近赤外線領域の感度が上がり、独特な色合いになります。

サイオニクスプロの解像度は動画720×360ドット、静止画1280×720ドット。ズームはデジタル3倍です。記録媒体はmicroSDカード(最大256GB)で、電源はリチウムイオン充電池。実勢価格は159,500円です。(文/星智徳)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事