ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

嫌がらせの7割「怪文書」はどんなタイプが多い?

誹謗中傷や脅迫といった度を超えた嫌がらせに対し、プロの探偵はどんな手法を駆使しているのでしょう。嫌がらせに対して警察に突き出すだけではない、知られざるノウハウを聞いてみました。探偵に相談に来る嫌がらせで多いのが「怪文書」です。嫌がらせの怪文書には、どんなタイプが多いのでしょうか。


嫌がらせの7割「怪文書」はどんなタイプが多い?

探偵への嫌がらせ相談は7割が怪文書

そもそも、探偵への嫌がらせの相談にはどんなものがあるのでしょう。プロの探偵いわく「怪文書による脅迫、告発、誹謗中傷などが多数」とのことです。

一概に「嫌がらせ」といってもさまざまなパターンがありますが、相談で圧倒的に多いのが怪文書。7割近くがこうした文書に関するトラブルです。

水商売の女性がパネル写真でアイコラを作られて自宅やお店の周りにバラ撒かれたり、経営者が勤務時間中に愛人とホテルに行った写真が封書で送られてきたりといったケースもあります。

嫌がらせの怪文書は大きく3パターン

被害者の多くは、恨みや妬みを買いやすい経営者、インフルエンサー、芸能人、「先生」と呼ばれるような目立つ職業の人たちです。それ以外では、不倫をしている人が実家や勤務先に証拠写真などを匿名で送り付けられるケースも少なくありません。

嫌がらせの怪文書は、大きく分けて「封書」「ハガキ」「ビラ・チラシ」の3パターン。怪文書で封書は、匿名で不正や浮気の証拠を突き付け、被害者本人を脅迫する場合などに用いられます。

怪文書でハガキは、勤務先に浮気の証拠を提示する際などが多数。本人以外の第三者が目にすることを期待しています。怪文書のビラ・チラシは、被害者を誹謗中傷する内容を、不特定多数に対して見せつける目的で使われるケースが多く見られます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事