ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

神出鬼没のネズミ捕りを察知する出現フラグとは

有人式スピード取り締まりの「ネズミ捕り」は所轄の交通課に加えて、交通機動隊も実施するので神出鬼没です。とはいえ、道路を走っているとネズミ捕りの予兆はそれなりにあるもの。出現フラグを知っているかどうかは大違いです。神出鬼没のネズミ捕りを察知する出現フラグを見ていきましょう。


スポンサーリンク
神出鬼没のネズミ捕りを察知する出現フラグとは

ネズミ捕り出現フラグは三角コーン

ネズミ捕りの出現フラグとして対向車のパッシングがあるのはご存じのとおり。レーダー探知機にはネズミ捕り用の連絡周波数である350.10MHzを受信できる機種もあります。聞こえた時には付近で必ずネズミ捕りが行われているはずです。

道路脇に不自然に置かれている三角コーンもネズミ捕りの出現フラグ。光電式のネズミ捕りは速度測定を道路上に置いた機器で行います。具体的には、送受光器と小型反射器という組み合わせのユニットを2セット設置するのです。

この区間を何秒で通過したかで速度を計測するというわけ。そのために設置された機器にバイクなどが衝突しないように三角コーンが置かれているのです。ただし、レーダー式のネズミ捕りの場合は三角コーンの出現フラグは通用しません。

ネズミ捕りの公開取り締まり情報

ネズミ捕りがよく行われるロケーションとしては、見通しのいい幹線道路や長い橋や緩やかな坂があります。信号が少なく、つい飛ばしてしまう幹線道路は危険度大。川岸まで直線が続いて信号がないため、橋もスピードを出しがちです。

また、緩やかな坂は警察官が見えずに危険。同じ理由で、立体交差のオーバーパスやアンダーパスもネズミ捕りに注意すべきでしょう。頭上を高速道路が走る側道も違反車を誘導するスペースがあるためネズミ捕りが出現しやすい場所です。

なお、都道府県のWebサイトや地方新聞などには公開取り締まりの情報が載っている場合も多いので要チェック。速度取締り実施場所が町名と丁目まで記載されていることも多いので、ネズミ捕りがあらかじめ察知できます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事