ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識

高速道路や一般道路に設置された無人式の自動スピード取り締まりカメラが「オービス」です。楽しいドライブを一瞬にして台なしにするのが、警察によるスピード取り締まりです。理不尽な取り締まりに遭わないためにも、オービスの基礎知識を知っておきましょう。



スポンサーリンク
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識

オービスには4種類が存在

スピード取り締まりは大きく分けて、「無人式」と「有人式」の2タイプに区分できます。有人式とは、警察官が現場で行う取り締まりのこと。ネズミ捕りや追尾式がそれにあたります。

無人式とは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動的に撮影する固定タイプのもの。これがいわゆる「オービス」です。

無人式の自動取り締まり機であるオービスには、10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」。レーダー波を使わずに道路に埋め込まれたループコイルによって測定する、「ループコイル式オービス」「LHシステム」の4種類が存在します。

4種類のオービスを見分ける

オービス対策のキモは、これら4種類のオービスの特徴を覚えること。というのも、路上にはNシステムやTシステムといった多様な監視カメラが設置されているため、そのすべてを覚えるのは困難なのです。

それよりも、パターン化された4種類のオービスを見分ける方が効率的というワケ。カメラを見つけるたびにブレーキを踏んでは、交通の流れを阻害し危険運転になりかねませんしね…。

レーダー探知機は確かに便利ですが、新設されたばかりのLHシステムには反応しない恐れもあります。その時は、自らの知識が頼りになるのです。オービスを見極めて、快適かつ安全なドライブを心がけましょう。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている
新東名のオービスが設置されるポイントとは?
首都高オービス!品川線の遭遇ポイントはココ!!
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
レーダー式オービスは昔ながらの取り締まり装置
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事