ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査用の覆面パトカーが行う駐車禁止対策とは?

覆面パトカーであっても、交通取り締まり用とは全く異なる使われ方をするのが、捜査用の覆面パトカーです。一般車に紛れ込んでいると思っているだけに、車内も雑然としています。その様子を元刑事たちに聞いてみました。捜査用の覆面パトカーには独自の駐車禁止対策があるといいます。


スポンサーリンク
捜査用の覆面パトカーが行う駐車禁止対策とは?

覆面パトカーは張り込みに使わない

「警察であることをアピールしながら走る白黒パトカーに比べたら、刑事が乗る覆面パトカーの車内は明らかに汚い。基本的には現場への“足”。移動手段であって、取り締まり用のクルマではないからね」といいます。

「灰皿にはタバコの吸い殻は入っているし、ドリンクホルダーには缶コーヒー、今の連中はコンビニのドリップコーヒーかな。白黒パトカーでは考えられないよね。会社の営業車みたいな感じで、みんなで使うから誰もちゃんと掃除しない」のです。

ただし、捜査用の覆面パトカーといえば張り込みをイメージしますが「張り込みをするのにクルマは使わない。路駐のクルマに男が2人乗っていたら逆に目立つでしょ。あれは刑事ドラマの中の話。だから、車内であんパンも食べないし、牛乳も飲まない」といいます。

覆面パトカーの助手席側に置く赤灯

駐車監視員制度ができてから、捜査用の覆面パトカーに駐車禁止のステッカーが貼られることが増えているとか。「昔はミニパトの婦警さんが、同業者と気が付かないで駐禁のステッカーを貼っていた」といいます。

そして「今は駐車監視員ね。駐禁ステッカーを防ぐために、それと分かるように覆面パトカーのダッシュボードや助手席に赤色灯を置いておくんだけど、忘れることもある」というのです。

「クルマに戻ってきたら、ステッカーが貼られていて、お互い顔を見合わせて苦笑い。すぐに剥がして立ち去る。もちろん、何事もなかったことになるけどね」と話します。助手席側のダッシュボードに置かれた赤灯は駐車禁止対策。警察車両であることを駐車監視員にさりげなくアピールしていたのでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事