ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーが赤色灯をあえて助手席に置く理由

覆面パトカーには大きく2種類あります。速度違反で猛威をふるう交通取り締まり用と、それとは全く異なる使われ方をする捜査用の覆面パトカーです。捜査用の覆面パトカーの目印といえば、緊急時にルーフに載せるマグネット式の赤色灯。そんな覆面パトカーが赤色灯をあえて助手席に置く理由を見ていきます。


スポンサーリンク
覆面パトカーが赤色灯をあえて助手席に置く理由

捜査用の覆面パトカー車内は雑然

トヨタ・クラウンが主力車種となっている交通取り締まり用の覆面パトカーと比べて、捜査用はマイナーな車種であることがほとんど。トヨタ・アリオンやスズキ・キザシなどがよく見られる車種です。

捜査用の覆面パトカーは、交通取り締まり用の覆面パトカーのように後部座席に違反者を乗せることがありません。このため、車内が雑然としていることが多いとか。元刑事によれば「灰皿にはタバコの吸い殻は入っているし、ドリンクホルダーには缶コーヒー、今の連中はコンビニのドリップコーヒーかな」と話します。

「基本的には現場への“足”。移動手段であって、取り締まり用のクルマではないからね」とのこと。「会社の営業車みたいな感じで、みんなで使うから誰もちゃんと掃除しない」のです。

覆面パトカーの助手席に置く赤色灯

捜査用の覆面パトカーといえば張り込みをイメージしますが「張り込みをするのにクルマは使わない。路駐のクルマに男が2人乗っていたら逆に目立つでしょ。あれは刑事ドラマの中の話」といいます。

そんな捜査用の覆面パトカーが、あえて助手席やダッシュボードに赤色灯を置いておくことがあります。実はこれが駐禁対策。「昔はミニパトの婦警さんが、同業者と気が付かないで駐禁のステッカーを貼っていた。今は駐車監視員」といいます。

しかし、赤色灯を見える位置に置くことを忘れることもあるとか。「クルマに戻ってきたらテッカーが貼られていて、お互い顔を見合わせて苦笑い」と話します。捜査用の覆面パトカーの助手席などに置かれた赤色灯は、駐車監視員に警察車両であることをさりげなくアピールしていたのでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事