ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーのサイレン「4秒」「8秒」は何が違う?

パトカーにかかせない「ウ~」といったサイレン音は、緊急時に走行するときには必ず鳴らさなくてはいけない決まり。じつは、パトカーのサイレン音には「4秒」と「8秒」の2種類が用意され、切り替えて使えるようになっています。パトカーのサイレン音の4秒と8秒がどのように使われているのかを見ていきましょう。


パトカーのサイレン「4秒」「8秒」は何が違う?

パトカーのサイレンに4秒と8秒の種類

パトカーには、必ずサイレン音を鳴らすための「サイレンアンプ」と車外スピーカーが取り付けられています。これは、事情に応じて赤信号の交差点を通過したり逆走もできる緊急走行では、サイレン音を鳴らさなくてはいけないという規定があるためです。

パトカーが鳴らす「ウ~」というサイレン音には「4秒」と「8秒」の2種類が用意されています。これは「ウ~」1回ごとのうねりサイクルの秒数。4秒と8秒の2種類を切り替えて使えるようになっています。

パトカーのサイレン音で4秒と8秒のどちらを使うかは状況次第ですが、より緊急度が高いときには4秒が使われる傾向が多いといわれています。緊急走行するパトカーを見かけたら、サイレン音の違いでその緊急度がわかるというわけです。

パトカーのサイレン音には手動モード

また、パトカーのサイレン音には、4秒と8秒のほかにボタンを押している間だけサイレン音が出る手動や、助手席のペダルを踏むと音が鳴る足踏みというモードもあります。

手動モードは「ウッ」のように短く鳴らして注意をうながす際に使われることが多く、足踏みモードは「ウ~、ウウ~」のようにリズムを変化させ、より注意を引くという使われ方が多いようです。

なお、パトカーのサイレン音を鳴らすためのサイレンアンプには、赤色灯のオン/オフを行うためのボタンも搭載。赤色回転灯の昇降もここにあるボタンで行います。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事