ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーはサイレン音の種類と意味で警察の緊急性がわかる

警察パトカーや消防車・救急車が緊急走行をする際、鳴らさなくてはいけないサイレン音。警察パトカーのサイレン音や消防車といえば「ウ~」、救急車といえば「ピーポーピーポー」でしょう。しかし、じつは警察パトカーのサイレン音は消防車と微妙に違うほか、複数のサイレン音の種類を使い分けています。警察パトカーはサイレン音の種類で意味が違うため緊急性が判別できるのです。


パトカーはサイレン音を聞けば緊急性が判別可能


パトカーのサイレン音で警察の2種類の意味

警察パトカーに限らず、緊急走行をする車両は、その際に回転灯を回し、サイレン音を鳴らすことが規則で決まっています。警察パトカーのサイレン音は「ウ~」という連続音ですが、じつは2種類があります。

警察パトカーのサイレン音の種類はうねりの周期による違いで、1周期が4秒のものと8秒のものが用意されています。警察パトカーのサイレン音の種類は「ウ~」1回ごとのうねりサイクルの秒数が違うのです。警察パトカーのサイレン音は4秒と8秒の2種類を切り替えて使えるようになっています。

警察パトカーのサイレン音の種類の使い分けに法令上の決まりはありません。しかし、より緊急性が高いところへ向かう際の警察パトカーのサイレン音の種類には、周期が短い4秒が使われるようです。緊急走行するパトカーのサイレン音は種類で意味があり、警察の緊急度がわかるのでした。


パトカーのサイレン音の種類で変な音の意味

また、警察パトカーのサイレン音の種類には連続して鳴らすモードだけでなく、手動でボタンを押している間だけ鳴るモードも搭載されています。警察パトカーが時々「ウッ」と短いサイレン音の種類を使って周囲へ注意を促す意味に使われるのが手動モードです。「ウッ」と夜中に変なサイレン音の種類が聞こえたら、警察パトカーの手動モードで注意を促している意味と考えてよいでしょう。

また、警察パトカーのサイレン音の種類にはこの手動モードのほか、助手席のペダルを踏むと音が鳴る足踏みモードもあります。警察パトカーのサイレン音の種類で手動モードは「ウッ」のように短く鳴らして注意をうながす意味で使われることが多く、足踏みモードは「ウ~、ウウ~」のようにリズムを変化させ、より注意を引くという意味での使われ方が多いようです。

なお、警察パトカーのサイレン音の種類を鳴らすためのサイレンアンプには、赤色灯のオン/オフを行うためのボタンも搭載。赤色回転灯の昇降も警察パトカーのサイレンアンプにあるボタンで行います。


パトカーのサイレン音の種類と消防車の意味

警察パトカーのサイレン音の種類と、同じ緊急車両である消防車との違いは、サイレン音と鐘の音を使い分けていること。まず、本当に火災が発生して緊急出動する際は「ウ~」というサイレン音に加え「カンカンカン」という鐘の音(警鐘)をあわせて出します。これは、江戸時代に火消しが鐘を使っていたことに由来するものです。

一方、火災以外で緊急走行をする際は「ウ~」というサイレン音だけになります。水害や津波の危険が高くなった地域では、警戒を呼びかける消防車が走り回ることがあり、こちらのサイレン音の種類を聞いた人も多いでしょう。

また、火災や警戒などから帰署する際は、サイレン音は鳴らさず「カンカンカン」と鐘の音だけを鳴らします。この音が消防車から聞こえたら、無事鎮火したと考えてよいのでしょう。任務の帰りなので、赤色回転灯を回さず緊急走行もしていません。なお、消防車のサイレン音の種類と意味については地域によって違うこともあるようです。


パトカーのサイレン音の種類と救急車の意味

緊急車両でも救急車の場合、パトカーのサイレン音の種類と違い「ウ~」音は使わず、「ピーポーピーポー」なのはご存じの通りです。この音は、救急搬送される患者が警察パトカーのサイレン音の種類「ウ~」より緊張しないように選ばれた音色といわれています。

「ピーポーピーポー」といえば救急車ですが、実は パトカーのサイレン音の種類と同じ「ウ~」音のサイレンも搭載。 パトカーのサイレン音の種類と同じ「ウ~」音は、交差点に赤信号で侵入する際、付近の自動車へ注意喚起する意味などに使用します。

救急車の場合、夜の住宅街などを走行する際は付近の住民へ配慮して、赤色灯だけ回しサイレン音を切ることもしばしば。夜中に変な場所でサイレンを鳴らさないように配慮しています。この状態では緊急走行は禁止ですが、住宅街を高速で飛ばしたり逆走したりすることはないため行われているサイレン音の配慮です。

■「パトカー」おすすめ記事
交通機動隊と自動警ら隊のパトカーは何が違う?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
パトカーの危険度は赤色灯の形状で見分けられる
パトカーはサイレン音を聞けば緊急性が判別可能
パトカーの車種が「クラウン」ばかりな理由とは
警視庁のパトカーにある「漢字+数字」の読み方
目撃情報が相次ぐ「レーザーパトカー」の取締り
緊急走行時でもパトカーには制限速度があった!?
制限速度ナシのパトカーはどうやって見分ける?
白黒パトカーや覆面パトカーの気になる値段は?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 海上保安庁は海上自衛隊や警察と何が違うのか?
    海上保安庁は海上自衛隊や警察と何が違うのか?
  • オービスの種類に当初は「踏み板式」もあった?
    オービスの種類に当初は「踏み板式」もあった?
  • パトカーとは?種類や緊急走行時のサイレン音も解説
    パトカーとは?種類や緊急走行時のサイレン音も解説
  • 嫌がらせ被害を警察に相談して逆恨みされた事例
    嫌がらせ被害を警察に相談して逆恨みされた事例

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]