ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自転車はベルを歩行者に鳴らすと違反になる?

2015年に施行された改正道路交通法により、悪質な違反を繰り返した自転車運転者に対する講習が義務化。3年に2回以上の危険行為を繰り返して赤キップを交付されると、自動車運転者講習を受けなければなりません。いま一度、自転車の交通ルールを確認しておきましょう。自転車のベルは歩行者に鳴らすと違反になる可能性があります。


自転車はベルを歩行者に鳴らすと違反になる?

自転車のべルはクラクションと同じ

自転車のベルを鳴らして歩行者に注意を促すという、よくありがちな行為もじつは違反。自転車は道交法第2条11項で軽車両として扱われるので、ベルの扱いはクルマのクラクションと同じだからです。

警笛の標識がある場所か、緊急事態以外の使用は許可されません。前を歩く人が遅いからといってベルを鳴らせば、そのルールに反することになるのです。

そもそも、自転車通行可の標識がある場所でも歩行者優先なので、前方に人がたくさんいて走行できない場所は、ベルを鳴らすのではなく、自転車から降りて押しましょう。罰則は、2万円以下の罰金です。

自転車で犬の散歩や傘さし運転は違反

自転車を運転しながら犬の散歩をするというシーンを、昔のドラマやアニメでよく見かけました。今も、街中を自転車で犬の散歩をしている光景を見かけるでしょう。

自転車で犬の散歩は、道交法第70条の「ハンドルやブレーキなどの確実な操作」を妨げる行為とみなされる可能性があります。傘さし運転も同様です。罰則は、2万円以下の罰金となります。

このほか、自転車は車両に含まれるため、道路は左側を走るのが義務。車道はもちろん、路側帯も走るのは左側です。原則として、歩道や歩行者専用道路も通行できません。

ただし、自転車が通行できる歩道の場合は右側通行は可能。とはいえ、歩道の中央より車道側を走ることがルールとなっています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事