ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

雨の日に歩行者に泥をかけてしまうと交通違反?

教習所で習ったはずの交通ルールですが、意外と忘れてしまいがち。「うっかりしていた」「知らなかった」では許されないだけに、ここで改めて復習しておきましょう。とくに、何かと歩行者が優先されるのが交通ルール。歩行者がらみの、意外な交通違反について見ていきましょう。雨の日に歩行者に泥をかけてしまうと交通違反です。


雨の日に歩行者に泥を書けてしまうと交通違反?

意外な交通違反に「泥はね運転違反」

雨の日に車を運転していて水溜まりを走った際に、水や泥を跳ねてしまうことはしばしばあります。ただし、この雨の日にはよくある光景も、歩行者にかけてしまうと違反行為です。

水溜まりを通行する車両は、泥と水を他人に飛散させない義務が道交法第71条1項で課せられています。もし対策を怠り通行人にかけてしまうと、意外な交通違反「泥はね運転違反」で摘発の対象となります。

普通車の場合で違反点数が1点、反則金は6,000円です。雨の日に走行する時は、前方に通行人がいたら、速度を落とすなどして丁寧な運転を心がけましょう。

意外な交通違反に歩行者に譲られる

歩行者がらみの意外な交通違反に、信号の無い横断歩道で、歩行者に道を譲られて、先に通ったというケースもあります。親切な歩行者と思って通ってしまう人が多いでしょう。

しかしこの場合、譲られたクルマが違反者になる可能性があります。道交法第38条では、クルマは横断歩道で横断中の歩行者の進行を妨げてはいけないことになっています。

しかも、違反した場合は違反点2点や反則金9,000円だけでなく、3か月以下の懲役という罰則がなきにしもあらず…。仮に歩行者に譲られた場合でも法律上は歩行者優先なので、停止して歩行者を先に進ませましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事