ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反取り締まり場所はどこで公開されてる?

設置場所があらかじめわかっている固定式オービスと違い、レーダーや光電管を設置してスピード違反を取り締まる「ネズミ捕り」、パトカーや白バイが追いかけてスピードを測る「追尾式」は、神出鬼没。とはいえ、警察が重点的にスピード違反を取り締まるポイントは決まっています。その一部は公開されていてスマホで確認可能です。


スピード違反取り締まり場所はどこで公開される?

スピード違反の公開取り締まり場所

各都道府県警では、交通違反の取り締まりについてその場所を事前告知する「公開取締り」を行っています。これは、事故が多発している地点を中心に取り締まり情報を公開することにより注意をうながし、交通事故を減らそうという目的から行われるものです。

とくに、スピード違反の取り締まりに関しては、各都道府県内にある警察署ごとに発表する「速度取締指針」で重点的に取り締まる路線を公表。都道府県警によっては、ホームページ上から都道府県内にある警察署の重点取り締まり路線を一括して見ることが可能です。

例えば、警視庁ホームページならメニューから「交通安全」を選択。「交通指導取締り」の「公開交通取締り」ページに、当月中の「速度違反取締実施場所一覧」をPDFファイルで掲載。スマホからも確認できます。

スピード違反の取り締まり場所を確認

また、大阪府警のホームページではメニューから「交通情報」の「取締りに関すること」をタップ。開いた「各警察署等の速度取締指針一覧」から、各警察署の重点路線と重点時間帯が確認可能です。

ほかの道府県の警察本部ホームページでも、スピード違反や交通違反の公開取り締まり情報は掲載されています。ドライブする前に管轄する警察本部のホームページで公開取り締まり情報を必ず確認するようにしましょう。

ただし、警察は公開取り締まりの区間だけでスピード違反の取り締まりを行うわけではありません。とくに、ここ数年で導入が進む移動オービスについては、神奈川県警のホームページでは「ゲリラ的」に取り締まりを行うと宣言するほどです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事