ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自転車にいきなり赤切符?警視庁が重点地区公開

自転車の左側通行が道路交通法で徹底されたのは2013年12月からです。それまでは、歩道がなく路側帯だけの道路については、自転車は路側帯を走る限り右側通行も可能でした。しかし、現在は路側帯や歩道の有無に関係なく自転車は原則、左側通行となっています。そして、違反が悪質な場合は自転車でも赤切符が交付されるのです。


自転車にいきなり赤切符?警視庁が重点地区公開

自転車にいきなり赤切符で罰金や前科

自転車は道路交通法では「軽車両」にあたり、自動車と同じように交通規則や標識を守らなくてはいけません。自転車も一時停止の標識や踏切ではきちんと止まり、標識に従わなければならないのです。

道路交通法に違反するとクルマが青切符・赤切符を切られるように、自転車も危険行為が発覚すると「自転車指導警告カード(イエローカード)」が公布されます。これは一時停止無視や傘さし運転などをした時に発行されるものです。

また、違反がより悪質な場合は自転車でも赤切符が交付されますが、クルマと違い、青切符はありません。つまり、自転車にいきなり赤切符が交付され、罰金や前科がつく可能性もあり得るというわけです。

自転車にいきなり赤切符が出る理由

というのも、道路交通法の規定で、自転車はクルマにおける交通反則通告制度(青切符)の対象になりません。違反切符を切られれば、自転車にいきなり赤切符が交付され、刑事罰の対象ということになるのです。

さらに、3年間で2回の一定の違反行為があると「自転車運転者講習」を受けなくてはいけません。講習時間は3時間で料金は6000円。この講習を受けなかった場合は5万円以下の罰金となります。

実際、警視庁のホームページでは「交通事故防止」→「自転車の交通安全」→「自転車対策重点地区・路線」で、各警察署ごとに自転車対策重点地区・路線を地図で公開中です。

自転車対策重点地区・路線の地図には、この路線でよく見られる自転車利用の違反形態などを掲載。自転車運転者の各種違反に対し、指導警告を行うとともに、悪質・危険な交通違反に対しては検挙措置を講ずるなど厳正に対処するとしています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事