ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

近年導入の新型オービスをフルカバーする探知機

全国の都道府県警察に配備される可搬式オービス。2021年の取り締まり件数は前年比で2倍以上となり、今後も増えることは間違いありません。無用な取り締まりを受けないためにも備えておきたいのが、可搬式オービスに対応したレーダー探知機です。近年導入された新型オービスをフルカバーするレーダー探知機を見ていきましょう。


近年導入の新型オービスをフルカバーする探知機

LS330はレーザーとレーダーをカバー

ユピテルの「LS330」は、現在主流のLSM-300/310といったレーザー式の可搬式オービスに加え、近年数を増やしている可搬式オービス「MSSS」などの新Kバンド(24GHz帯)のレーダーもカバーするレーダー探知機の最新モデルです。

従来品から約40%向上したというレーザー探知性能で、いち早く取り締まりを警告してくれます。LHシステムなどこれまでの固定式もGPSデータでカバー。業界屈指という6万件以上の取り締まり・検問情報を含む16万件以上のGPSデータで、安全なドライブをサポートしてくれます。

LS330は、レーザー受光部を本体背面に搭載したワンボディタイプで、コンパクトに設置できます。レーザーの接近はディスプレイ表示と音声で通知。固定式の場合はGPSデータとともに確実にフォローします。

LS330は取り締まり無線も警告する

LS330はネズミ捕りなどに使われるレーダー波は受信レベルを表示するので、発信源までの大まかな距離を把握できる設計です。このほか、カーロケ無線をはじめ14バンドの無線を受信。速度取り締まりなどに使われる350.1MHzの取り締まり無線も警告してくれます。

取り締まりエリアや検問エリア、警察署や交番といったGPSデータを16万件以上収録。ゾーン30にも対応しています。さらに、走行中のエリアの公開取り締まり情報もマップ上に表示。リアルタイムでアナウンスしてくれます。

LS330の受信方式はスイープオシレーター式ダブルスーパーへテロダイン方式(レーダー部)、32チャンネル/パラレル受信(GPS部)です。対応衛星はガリレオ、グロナス、準天頂、SDCM、GAGANで、無線受信は14バンドとなります。サイズ/重さは106W×60H×17Dmm/約115g。実勢価格は36,890円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事