ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

可搬式オービス取締りに千葉県警が積極的な理由

固定式オービスと異なり、細い道にも持ち運んで取り締まりが行える「可搬式オービス」は、ドライバーにとってこれまで以上に脅威の存在です。なかでも、可搬式オービスによる取り締まりに積極的なのが千葉県警で、2021年以降取り締まり件数を大幅に増やしています。じつは、その理由にはある痛ましい事故が関係しているのです。


可搬式オービス取締りに千葉県警が積極的な理由

可搬式オービスの件数は千葉が断トツ

警察庁の資料「可搬式速度違反自動取締装置の運用状況(令和3年中)」によると、各都道府県警のうち2021年に可搬式オービスでの取り締まり件数(撮影枚数)がもっとも多かったのは千葉県警で5316件でした。これは、2位の福岡県警が3265件だったのと比べても2千件以上多く、可搬式オービス取り締まりでは断トツといえる状況です。

千葉県警の可搬式オービスでの取り締まり件数が多い理由として、可搬式オービスを全国一多く配備していることがまず考えられます。同じく警察庁の「可搬式速度違反自動取締装置の運用状況(令和3年度末)」によれば、千葉県警の可搬式オービス所有台数は10台で、2位にあたる警視庁の9台を抑えてトップです。

しかし、2021年中に関しては事情が異なり、じつは千葉県警の10台のうち7台は2021年9月に緊急配備が千葉県議会により決められたものなのです。入札などを経て実際に配備されるためには時間が必要なため、2021年のすべて、あるいはほとんどの期間を千葉県警は可搬式オービス3台体制で取り締まりを行っていたと考えられるのです。

可搬式オービスを千葉県警が積極活用

2021年度末、つまり2022年3月末時点で3台の可搬式オービスを導入していた他の府県警の場合、大阪府警は2241枚と多いものの、それでも千葉県警の半数以下。岡山県警になると426枚とガクンと減り、兵庫県警は305枚、滋賀県警は169枚といった具合です。

じつは、千葉県警が可搬式オービスによる取り締まりに積極的なのは、2021年度のなかばに7台追加で緊急配備した理由が関係しています。というのも、この年の6月に八街市で飲酒運転のトラックが下校児童の列に突っ込み5人の死傷者を出した事件が発生し、千葉県警には緊急の対応が求められていたためです。

この事故の大きな原因は、トラックドライバーの飲酒運転ですが、事故現場が小学生の通学路だったこともクローズアップされました。そのため、千葉県警が対策として9月に発表した「千葉県警察交通安全緊急対策アクションプラン」には、生活道路でスピード違反を取り締まれる可搬式オービスの積極活用が盛り込まれたのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事