ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アリエクで購入したスマホ直挿し360度カメラ

スマホに直挿しするタイプの360度カメラといえば「Insta 360」や「OMNI shot」が有名ですが、こちらの「EnVizion 360」はHuawei製。中国と海外のみで展開されており、日本での一般発売はされていません。一部使えない端末もあるようですが、Huawei以外のAndroidスマホでも利用可能です。アリエクで購入して実際に使ってみました。


アリエクで購入したスマホ直挿し360度カメラ

スマホ360度カメラは逆さにして持つ

今回アリエクで入手した「Huawei EnVizion 360 CV60」は中国版で取扱説明書が同封されていませんでしたが、専用アプリの操作性が優れているので、なんとなく使えます。

前後に2つのレンズを配置することで、360度撮影を可能にしています。通常、USB Type-Cのスロットはスマホ下部にあるため、EnVizion 360をセットする時はスマホを逆さにして持たなければなりません。

テスト用端末はUMIDIGI A7Sで、比較的低スペックモデルでしたが、快適かつ美麗に360度画像を撮影できました。日本でも販売したらフツーに売れそうです。

スマホ360度カメラで撮影した画像はアプリ内のアルバムに保存され、「Fish-eye・Perspective・Crystal ball・Little planet」の4パターンで閲覧したり、書き出したりできます。

スマホ360度カメラの画像がくるくる

スマホ360度カメラの画像は画面タッチでくるくる回して360度見渡すことが可能。この時の挙動もスムーズでストレスを感じません。なお、スマホとレンズの存在は白くぼかされ、カモフラージュされる仕様です。

専用アプリは大きめのシャッター音が鳴ってしまうのですが、設定の「Shuttersound」からオフにできます。撮影時に全景をチェックできるプレビューは、「PIPview」をオンにします。

アプリでの動画再生時に「VR」のアイコンをクリックすると2画面になり、VRゴーグルを使うことで気軽に360度のVR動画が楽しめる機能も搭載しています。

解像度は静止画5376×2688ドット、動画1920×960ドット(MP4)です。スマホとの接続はUSB Type-C。対応OSはAndroid6以上、電源はスマホから給電となります。サイズ/重さは37W×36.8H×26Dmm/30g。実勢価格は11,663円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事