ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

楽天モバイルの乗り換え先で注目の格安SIMは?

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は月1GBまでの通信なら0円というお得過ぎるプランを提供していましたが、2022年6月で終了。最低でも月額980円かかることになって、楽天モバイルの乗り換え先を探すユーザーの離脱が続いています。そんな楽天モバイルの乗り換え先として、注目されている格安SIMを紹介しましょう。


楽天モバイルの乗り換え先で注目の格安SIMは?

楽天モバイルの乗り換え先に日本通信SIM

日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」は月290円で1GBまで使え、以降は1GBごとに220円加算されていく仕組み。通信量が基本的に少なめで、毎月バラバラな人に適していると楽天モバイルの乗り換え先として注目されています。

すなわち、合理的シンプル290プランの料金は「基本料(1GB)290円+データ料220円/1GB+通話料11円/30秒」という従量課金型ということ。だから変動に強いというわけです。

それでも月3GBまでなら730円と破格の安さ。楽天モバイルの乗り換え先としてとしておすすめです。ただし、4GBを超えると他社と比べてやや割高になるので、4GBを超えがちの人には楽天モバイルの乗り換え先としてあまりおすすめできないプランです。

楽天モバイルの乗り換え先として注目

合理的シンプル290プランは、基本料の290円に1GB分の通信量が含まれているということ。これ以上の通信をせず、通話もしなければ290円で回線を維持できることも、楽天モバイルからの乗り換え先としても注目されている理由です。

データ料が1GBごとに220円加算されるため、使い過ぎると高額請求が心配になる人も多いでしょう。しかし、これを防止するために上限設定できるので楽天モバイルの乗り換え先として安心です。

通話が多い人向けに、かけ放題オプションも用意されています。ただし、料金はやや高めの設定なので通話重視なら、楽天モバイルの乗り換え先としてOCNモバイルONEやHISモバイルの方がお得でしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事