ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マキタの互換バッテリーをモバイルバッテリー化

スライドして取り付けることで、マキタの電動工具用バッテリーをモバイルバッテリーとして使えるようになるアイテムをAmazonで見つけました。USBポートが付いたアイテムはマキタからも販売されていますが、こちらはさらにAC100Vと懐中電灯が搭載されています。マキタの互換バッテリーをモバイルバッテリー化してみました。


マキタの互換バッテリーをモバイルバッテリー化

マキタのバッテリーをモバイルで使用

Alianの「マキタバッテリーインバーター」は、マキタの電動工具用バッテリーをモバイルバッテリーとして使えるようになるアイテム。小型ながら発熱対策もされており、内蔵のファンによって比較的安定して電力が供給されるようです。

ACポートは3つ穴タイプですが、日本の電源プラグでも使える仕様。最大で150Wあるので、小型のDC扇風機程度なら安定して動かせました。稼働時間は、接続するバッテリースペックに左右されます。あらかじめ確認しておきましょう。

ただし、150W目一杯の出力で家電製品を使うと、1時間ほどでバッテリー切れとなってしまうので、非常用の電源として使うのがベターでしょう。

マキタのモバイルバッテリーのサイズ

USBはスペック上では最大約2.4Aが可能となっていますが、テスターで測定したところ、安定して供給されるのは5V2.0Aが限界のようです。スマホやタブレットで動画鑑賞しながらの充電維持が、ギリギリ可能なレベルでしょう。

また、モバイルバッテリーといいつつ、マキタのバッテリーを装着すると結構なサイズ感になるのも難点。アウトドアや防災用として使うのがいいかもしれません。

200ルーメンのシングルライトを実装。拡散型なので遠方までは明るさが届きにくいタイプですが、広範囲を照らし出すことができます。実勢価格は6,499円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事