ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK受信料不要のモバイルプロジェクターとは

80インチなど大画面で映像コンテンツを楽しみたい場合、そのサイズのテレビを買うとなると数十万円以上してしまいます。しかし、プロジェクターであれば、数万円程度のモデルでも大画面を映し出すことができます。さらに、Android搭載の「モバイルプロジェクター」であれば、NHK受信料が不要というメリットもあるのです。


NHK受信料不要のモバイルプロジェクターとは

モバイルプロジェクターAndroid搭載

テレビなどの映像をスクリーンに投影して視聴するプロジェクターは、高画質を楽しむための高級モデルとパソコンと接続して使用する目的のビジネス向けモデルが中心でした。しかし、プロジェクター自体の価格が低下したことで、最近は値段を抑え入手しやすく画質にも力を入れた「モバイルプロジェクター」が登場しています。

低価格重視でプロジェクターを選ぶ場合、1~2万円台から購入することも可能ですが、このような格安モデルは投影光量(光束)が小さく解像度も低いモデルが多く、テレビ映像などを楽しむには不向きです。一方、5万円程度のモバイルプロジェクターであればHD(1280×720ドット)やフルHD(1920×1080ドット)モデルも選べます。

さらに「Anker」「BenQ」の2メーカーは、5万円台以上のモデルの多くにAndroidを内蔵。これらのモバイルプロジェクターはWi-Fi接続にも対応するため、アプリをインストールすることで、NetflixやAmazon Primeビデオなどの動画配信サービスを楽しむことができるのです。

モバイルプロジェクターNHK受信料不要

モバイルプロジェクターは、ネットに接続するためのWi-Fi機能も内蔵しています。Wi-Fiルーターと組み合わせてネット接続をすれば、ネットの室内配線が不要になるだけでなく、電池利用可能なモデルであれば、電源も含めた配線自体がなくなり室内をすっきりできます。

テレビやレコーダーと違い、モバイルプロジェクターには通常テレビチューナーは内蔵されていません。そのため、プロジェクター単体ではNHKのテレビ放送は受信できないため、別途チューナーなどを保有せずに使う限りはNHK受信料を支払う必要がないのです。

モバイルプロジェクターを利用して映像を視聴する場合、注意したいのが投影サイズを拡大するほど画面が暗くなるという点です。そのため、大画面で楽しみたい場合は最大光量(光束)が大きいプロジェクターを選ぶか、部屋を暗くすることで画面を見やすくする必要があります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事