ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飛行機の動きがすべて分かるマニア御用達アプリ

「Flightradar24フライトトラッカー」は、世界中を飛行する民間旅客機の位置や機体データを表示する航空マニア必携のスマホ飛行機アプリ。充実した内容が無料で楽しめます。飛行機の動きがすべて分かるこのアプリを、無料版のまま快適に使うためのおすすめ設定を紹介しましょう。


スポンサーリンク
飛行機の動きがすべて分かるマニア御用達アプリ

飛行機アプリは設定を一部変更する

「コレさえあれば、飛行機のデータや現在地がリアルタイムで分かるから、エアーバンドは聞かなくても大丈夫」と、豪語する航空マニアもいるほど便利なアプリがあります。それが飛行機アプリ「Flightradar24フライトトラッカー」です。

この飛行機アプリはダウンロードしたままの状態でも十分に使えます。しかし、設定を一部変更した方がより使いやすくなるのです。

まず地図の選択「MAP TYPE」の「Normal」はGoogleMapでもおなじみのもの。衛星写真を使用した「Satellite」「Hybrid(Satelliteに地名などをインポーズしたもの)」の以上3種類はiOS版と共通です。

Android版は地形が分かりやすい「Terrain」のほか、海岸線や主要道路のみをシンプルに表示した3種類の合計7種類から選べます。滑走路の向きなどを確認するのは、衛星写真を使用した2種類が使いやすいでしょう。

飛行機アイコンにロゴを表示する

飛行機アイコンに情報を付ける「AIRCARAFT LABELS」は、基本的には「Text labels」が使いやすく、ここを選択すると便名や機種名など7種類から1つを表示。基本的にはコールサインか便名を表示させます。航空会社のロゴが表示される「Airline logo」も楽しい設定です。

日中と夜の部分で明るさを変化させる「DAY/NIGHT LINE」は、写真を撮る時には役立ちますが、画面の明るさが変わるため見づらいと感じることも。「Off」を選択するのがよいでしょう。

空港の位置を示す「AIRPORT PINS」は初期設定では「On」になっています。飛行機をタップしたいのに、AIRPORT PINをタップしてしまうアプリの誤操作が気になる場合は「Off」にするとよいでしょう。(文/名須川優)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事