ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

スマートフォンを使ったデジタル盗聴でよく使われているアプリが「Cerberus(ケルベロス)」です。本来は紛失したスマホのセキュリティ用に開発されたアプリですが、、中にはこのケルベロスのアプリの機能を悪用している人もいるのです。その手口を詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
「ケルベロス」アプリでスマホ遠隔操作

遠隔操作にケルベロスアプリを仕込む

スマホにはたくさんの個人情報が詰まっているため、紛失すると大変です。そこで、スマホの現在地を突き止めたり、遠隔操作して周囲の写真を撮影できる「Cerberus(ケルベロス)」というセキュリティアプリが開発されました。しかし、中にはこのケルベロスのアプリの機能を悪用している人もいるのです。家族や恋人のスマホに仕込むことで行動を監視しているといいます。

実際に、ターゲットのスマホにケルベロスのアプリを仕込む流れを見てみましょう。まずはターゲットのスマホにケルベロスをインストール。アカウントを作成したら、状態を有効にしておきます。

続いて「Protect device admin」と「Block Power Menu」にチェック。さらに「アプリ一覧画面から隠す」にチェックするとホーム画面に表示されなくなります。これではターゲットは気づかないでしょう。

ケルベロスはスマホを遠隔操作できる

ケルベロスのアプリで遠隔操作

あとは専用サイトからログインすれば、ケルベロスのアプリがインストールされているスマホの現在地が表示されるというわけ。これでリアルタイムにターゲットの居場所が把握できます。

root化して「写真を撮る」をコマンド選択すれば撮影も可能。フロント、バックカメラを選んだり、フラッシュも使用できます。

主な遠隔操作コマンドには、SMSログ取得やSMSを送信などの通話記録の取得のほか、音声の録音などの遠隔操作も可能。音声を録音して、どんな会話をしているのか聞くことができます。行動履歴の取得もできるので、位置情報の履歴を受け取って、ターゲットがどのような移動をしたのか把握することもできるのです。

ただし、ケルベロスのアプリを元恋人のスマホに仕込んでストーキングしたことで、実際に逮捕された人もいます。悪用は厳禁です。


スポンサーリンク

アンドロイドロストも遠隔操作アプリ

遠隔操作アプリとしては、紛失したスマホ端末から情報漏えいなどの被害を防止する「Android Lost(アンドロイドロスト)」も有名です。アンドロイドロストはすべて公式サイトにログインしての遠隔操作します。

ログインの際には、Google Playでアンドロイドロストをダウンロードした際のGoogle アカウントを使用します。ログイン後、ページ中央にある「Controls」をクリックすると、遠隔操作用の画面が出現するのです。

この遠隔操作アプリの機能は「Basic」「Status」「Massages」「Security」「Mobile」「Premium」の6つにカテゴライズされています。そして、ここで行った操作の履歴や得られた情報は「Logs」の画面で確認が可能です。

遠隔操作アプリで端末の位置を知る

アンドロイドロストによる通話履歴の入手は「Mobile」のカテゴリにある「Call List」の機能で行います。基本的に最新10件の通話履歴を入手できますが、設定を変更することで、最大50件までの履歴をパソコン上に表示可能です。

この遠隔操作アプリでGPS機能を利用して端末の位置を知りたい場合は「Basic」のカテゴリにある「GPS」の機能を使用。GPSの項目に用意された「Send location」ボタンを押すと、Google Mapを流用したマップがWebページ上に表示されます。

さらに「GPS fixed interval」機能を使うと、端末の位置を5分ごとにチェックし、その都度Webページ上で確認可能です。基本設定は3回ですが、最大で30回、位置を確認できます。つまり、1度の命令で最大2時間半の位置が分かるのです。

■「ケルベロス」おすすめ記事
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法

■「スマホ遠隔操作」おすすめ記事
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作

■「遠隔操作」おすすめ記事
Chromeリモートデスクトップで自宅PCを遠隔操作
PCが遠隔操作できる「Brynhildr」で情報漏洩
「Brynhildr」で他人のPCを遠隔操作する手順

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事