ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone「改行」を長押しすると出てくる表示は?

iPhoneはiOSがアップデートされるごとに新たな機能が追加されています。そんな機能の1つが、画面の押す力を感知してさまざまな機能が現れる「3D Touch」でした。とはいえ、3D TouchはiPhone 11シリーズから廃止。「触覚タッチ」が機能追加されています。iPhoneで意外に知られていないキー操作テクニックをまとめて紹介しましょう。


iPhone「改行」を長押しすると出てくる表示は?

iPhoneキーボードの余白を強く押す

iPhoneで操作しづらいのが、ブラウザのURLを書き替える時などの細かいカーソルの移動。カーソルを移動させたい位置をタッチしても、1文字ずれたり、押し方によっては全選択になったりと、カーソル微調整で困った経験は「スマホあるある」かもしれません。

そんな時に活用したいのがトラックパッド表示です。3D Touch搭載機種であれば、キーボードの余白部分を強く押すとカーソルを自由に移動させることができるトラックパッドが表示されるのです。

実際にキーボードの余白を強く押すと、キーボードの文字が消えてトラックパッド表示に。そのまま指をスライドさせればカーソルが自由に移動できます。文字選択をしたければ、さらに強く押し込んで指を移動させればOKです。

iPhoneの改行キーを強く長押しする

ただし、トラックパッド表示は押す力が弱いと文字が入力されたりしてうまく動作しません。そこで、これまでよく使われていたのが「空白」キーの長押しです。横長キーボードであれば「Space」キーを長押しします。

そして、3D Touch搭載機種であればトラックパッド表示が「改行」キーを強く長押しすることでも表示されることが判明。それ以外にも、日本語かなのキーボードの「あいう」や「ABC」「123」の文字種選択キーを強く長押ししてもトラックパッドが表示されます。

なお、空白キーであれば強く押すことなく、長く触れているだけでトラックパッド表示に切り替えることが可能。じつは、改行キーのみならず、キーボードのどの文字を強く長押ししてもトラックパッドが表示されます。一方で、3D Touch非搭載の現行機種は触覚タッチのみに対応。「空白」キーの長押し以外ではトラックパッド表示にはなりません。

このほか、iPhoneの文字入力で覚えておきたいのが、カギカッコが「や」のフリックで入力できること。左にカッコ開き、右にカッコ閉じが表示されます。変換候補には、カッコや二重カギカッコなども表示されるので便利です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事