ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneを強制起動リカバリーモードとDFUモード

iPhoneはOSアップデート時のトラブルなどでシステムに不具合が起きた際に、端末を初期化して強制起動する「リカバリーモード」という機能を実装。またOSを起動できない場合には、iOSを使わずに端末を強制起動する「DFUモード」があります。各モードでの起動方法は端末によって異なるので、ここでおさらいしておきましょう。


iPhoneを強制起動リカバリーモードとDFUモード

iPhoneを強制起動するリカバリーモード

「リカバリーモード」とは、iOSを使ってOSのアップデートや復元を行う機能。OSを「アップデート」する場合は、iPhone端末内のデータを残せます。メーカー公式のモードです。

「DFUモード」はiOSを起動せず、PCで強制的にiPhone端末を読み込みOSを修復する機能。iPhone端末内のデータは削除されます。メーカー非公式のモードです。

iPhone8以降のリカバリーモードを強制起動する方法は、PCに接続した状態で「音量を上げる」ボタンを押しすぐ離します。次に「音量を下げる」ボタンを押しすぐ離します。その後Appleロゴが表示されるまで電源ボタンを長押しするのです。

iPhoneをDFUモードで強制起動する方法

iPhone8以降のDFUモードの強制起動の方法は、PCに接続した状態で「音量を上げるボタン」を押してすぐ離し、「音量を下げる」ボタンを押してすぐ離します。

次に、iPhoneの電源ボタンを長押しして強制再起動。Appleロゴが表示されている間もボタンを離さず、画面が真っ暗になったら「音量を下げる」ボタンを2~5秒ほど押します。その後、電源ボタンだけを離して「音量を下げる」ボタンを10秒程度押し続けるのです。

モードを解除する方法は「音量を上げる」ボタンを押してすぐ離し、「音量を下げる」ボタンを押してすぐ離します。電源ボタンを長押しし、Appleロゴが表示されたら離すのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事