ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スパイカメラ

スパイカメラはWi-Fi遠隔視聴で失敗知らず

スパイカメラでよくある失敗は、スイッチを押したつもりが作動しておらず録画し損ねてしまうこと。また、擬装型カメラは本体に最低限の機能しかないため撮影している画角が分かないことも失敗の原因になりま[…続きを読む]

スパイカメラはボタン型なら全く気づかれない

スパイカメラのボタン型は想像以上に全く気づかれません。ただし、カメラ本体のスイッチをON/OFFするとどうしても動作が不自然になりがちです。そこで登場したのが、磁気リングをかざすだけで録画開始[…続きを読む]

スマートキー型スパイカメラはスマホで映像確認

スマートキー型のスパイカメラはカモフラージュの特性上、液晶モニターが付いていないため、現場での映像の確認ができませんでした。しかし、ケイヨーSPの「PC-300W」はWi-Fi機能を搭載。スマ[…続きを読む]

スパイカメラを内蔵したスマートフォンが登場

本物のスマートフォンにスパイカメラを仕込んだ商品が登場しました。スマートフォンは海外製のため、日本で電話はできません。しかし、Wi-Fiに接続すれば普通に使えるから驚きです。スパイカメラの起動[…続きを読む]

スパイカメラが勢揃い!秘匿撮影用機材の専門店

秘匿撮影用機材が揃うのがスパイカメラ系ショップ。さまざまなスパイカメラが勢揃いしています。腕時計型やメガネ型など、映画で観た憧れのアイテムが手ごろな価格で手に入ります。そこで、通販でも購入でき[…続きを読む]

スパイカメラの腕時計タイプは3千円台

今やスパイカメラは1万円以下で購入可能。上司が部下の本心を聞いたり、同僚の自分に対する評価を探ったりと、社内のさまざまな人間関係の“本音”を探るツールとしてスパイカメラは利用されているのです。[…続きを読む]



スパイカメラが超人気スマホそっくり

探偵が調査の証拠撮りに使っているのがスパイカメラ。ボールペンや腕時計などに小型カメラを仕込んで機密情報を隠し撮り…という映画のワンシーンが思い浮かびます。そんなスパイカメラに、あの超人気スマホ[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEの会話を探偵が盗聴する手口を見ていくとともに、それを防ぐ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]