ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

被害

ピッキング被害に遭いやすいカギを判別する方法

1990年代後半に多発したピッキング被害。主に狙われたのがシリンダー錠です。シリンダー錠は、固定された外筒の中を内筒が回転するとかんぬきが引っ込む構造。この内筒の回転を妨げるのが、外筒と内筒を[…続きを読む]

空き巣は窓のクレセント錠を「カギ」と思わない

空き巣被害というと意識は玄関ドアのカギに行きがち。しかし、空き巣被害で最も多い侵入経路は、一戸建ても共同住宅も「窓」。全体の50%が窓からの侵入となっています。窓のクレセント錠はカギらしい名前[…続きを読む]

窓のクレセント錠をカギと思ってはいけない理由

住宅の防犯というと、どうしても玄関ドアのカギにばかり意識が行きがち。しかし、昨今の空き巣被害で最も多いのが窓などのガラスを狙った“ガラス破り”です。しかも、窓に付いているクレセント錠は“錠”と[…続きを読む]

空き巣被害を防ぐホムセンで揃う5つの防犯対策

玄関のカギがピッキングに強いディンプル式で二重ロックなら、空き巣は「解錠に時間がかかる…」と警戒。被害を防げます。しかし、シリンダーごとの交換となると数万円の取り付け代がかかるのはザラ。賃貸な[…続きを読む]

空き巣被害は一戸建てと共同住宅どっちが多い?

ひとくちに空き巣被害といっても、侵入手口は実に多彩。空き巣は、狙った家の防犯レベルに応じて、最も攻略しやすい部分を見つけ出して、適切な道具を選んで侵入を試みます。そんな空き巣被害の実際の侵入手[…続きを読む]

ストーカー被害から身を守るためのLINEの設定

ネットを使うことで、どれくらいの情報を集めることができるでしょう? 答えは、ストーカー被害者がどれだけネットに関わっているかで変わってきます。とはいえ、現代社会でネットにまったく関わらないこと[…続きを読む]




オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]