ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

真っ赤なレンタル自転車は月額会員がお得だった

東京都内の各所で、真っ赤な電動アシスト自転車を見かけるようになりました。これは「自転車シェアリング」のスマホを使った無人方式のレンタル自転車です。専用のポート(専用駐輪場)に乗り捨てができるので、通勤・通学に広く利用されています。真っ赤なレンタル自転車は月額会員がおトクです。


スポンサーリンク
真っ赤なレンタル自転車は月額会員がお得だった

レンタル自転車は乗り捨て可能

2014年10月のスタート時は東京都千代田区の「ちよくる」だけでしたが、「自転車シェアリング」は現在、中央区・港区・新宿区・江東区・文京区の隣接する6区に広がっています。移動範囲は6区内に限りません。

レンタル自転車の車体には操作盤が設置されており、スマホに送られてきたパスコードや交通系ICカードでレンタル。専用の駐輪場、ポートは2017年1月現在、6区内に215か所ほど設置されています。

最大の特徴は、2016年10月1日に解禁になった6区内にあるポート(専用駐輪場)に、乗り捨てができること。千代田区で借りた自転車を江東区で返却してもOKなので、片道利用ができるようになりました。

レンタル自転車は月額会員が狙い

レンタル自転車の料金プランは、1回会員が30分150円。以降は30分ごとに100円かかかります。1日パスも用意されていて、1日1,500円で購入当日の23時59分まで利用することが可能です。

レンタル自転車の狙い目プランは月額2,000円の月額会員。月に何度利用しても、30分以内は無料で利用できます。1回の利用が30分を超えると、30分ごとに100円かかる仕組みです。

最初の30分が無料で使える月額会員なら、ポートからポートへ乗り継げば延長料金なしで乗り続けられることになります。しかもレンタル自転車は電動なので、移動も楽チンです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。