ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビデオテープはDVDにダイレクトにダビングする

VHSビデオテープのデジタル化作業は正直、手間がかかるもの。できるだけ簡単にというなら、便利グッズで解決しましょう。サンコーの「PCいらずでDVDにダビングできるメディアレコーダー」は、その名のとおりPC不要でVHSビデオテープをDVD化できるダビング専用レコーダーです。


ビデオテープはDVDにダイレクトにダビングする

ビデオテープをDVD以外にダビング

「PCいらずでDVDにダビングできるメディアレコーダー」は、コンポジットケーブルでビデオデッキと接続し、DVD-Rを入れて録画ボタンを押すだけでダビングOK。DVDプレーヤーで再生できる形式で焼き上がります。

本体には2.8インチの液晶画面を搭載しており、映像を確認しながら作業を進められるので安心。また、VHSビデオテープの映像をUSBメモリやSDカードにデジタル化して保存することも可能です。

本体側面には、コンポジット入力端子・HDMI端子・USBスロットを搭載。メニュー画面で、入力と出力のモードを変更できます。DVD-Rへのデータの書き込みを「ビデオ」に設定すると、DVDプレーヤーで再生できるDVD-Video形式でダビングしてくれます。

ビデオテープをDVDダビングする手順

VHSビデオテープをDVDダビングする手順は、ビデオデッキとコンポジット端子をつなぎ、DVD-Rをセット。入力先でビデオを選択、焼き付けタイプを「ビデオ」に設定。これで家電レコーダーなどで再生できる、DVD-Video形式に変換されます。

ビデオを再生し、録画ボタンを押すとダビングがスタート。完了したらRETURNボタンを押すとDVD-Rが焼き終わるのです。「設定」モードで、保存形式やHQ~SLPまで録画品質を変更可能。カラーシステムもPALとNTSCで選択できます。

「PCいらずでDVDにダビングできるメディアレコーダー」の対応再生形式はAVI/MPG/MOV/MP4/WMVなど。保存動画形式はMPG/MP4です。記録メディアは最大32GB(SDカード)で、電源はAC100V。サイズ/重さは150W×40H×150Dmm/409g。実勢価格は25,980円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事