ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

愛煙家の救世主「ヴェポライザー」のシャグとは

たばこ税増税に伴い、大手たばこメーカーが一斉に値上げを実施しました。そして今、相次ぐタバコ代の値上げにより、第4の電子タバコと呼ばれる「ヴェポライザー」が注目を集めています。タバコ代を3分の1以下に抑えられる愛煙家の救世主ともいわれるヴェポライザーを詳しく見ていきましょう。


愛煙家の救世主「ヴェポライザー」のシャグとは

ヴェポライザーはシャグを加熱する

喫煙者を日々悩ませるのがタバコ代問題です。2020年10月にたばこ税が増税され、タバコ1箱あたり約50円の値上げになったのは記憶に新しいところでしょう。

最もポピュラーな銘柄である「セブンスター」は1箱560円になり、値段は20年前の約2倍。1日1箱吸う人であれば1か月あたりのタバコ代は約17,000円にもなります。

そこで注目されているのが、シャグと呼ばれるタバコの葉を加熱して喫煙する「ヴェポライザー」です。シャグは1袋約40gの価格が約1,000円。1箱の葉っぱ容量が約14gの紙巻きタバコと比べ、約1/3の値段になっているのです。

ヴェポライザーでタバコ代が4分の1

ヴェポライザーの利点はコストカットだけではありません。「IQOS」などの加熱式タバコと同じ原理で、タバコ葉を加熱してその蒸気を吸い込む方式のため、ニオイが少なく、有害物質であるタールも発生しません。

ちなみに、ヴェポライザーは各社さまざまなタイプを発売しており、紙巻きタバコをハサミでカットして喫煙するモデルもあります。

ヴェポライザーの代表的モデルであるWEECKEの「C VAPOR4.0」は、1本のタバコで4回分の喫煙が可能。この時点でタバコ代は4分の1に抑えられます。どうしても禁煙が難しいのであれば、これを機にヴェポライザーに乗り換えてみるのもアリかもしれません。健康にもお財布にもやさしい一品です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。