ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iQOS「手に入らない問題」は互換機で解消する

加熱式タバコの中でもスタートが早かった、フィリップモリス・ジャパンの「i QOS」。最新モデルの「2.4Plus」はまだまだ入手困難で、Amazonでは2万円以上の高値で転売されています。そんな「手に入らない問題」を解決してくれるのがiQOS互換機。、iQOSと同じヒートスティックを使って喫煙できます。


スポンサーリンク
iQOS「手に入らない問題」は互換機で解消する

iQOS互換機の方が携帯性は上

iQOSの「手に入らない問題」を解消してくれるのが、iQOSの互換機「HERBSTICK CS」。iQOSとは見た目は全然違うので「本当にこれで吸えるの?」という印象ですが、iQOS用のタバコをセットして、同じように喫煙できるのです。

iQOSと違うのは、連続で何本も吸えるという点。iQOSは1本吸うごとに充電が必要ですが、こちらは1回の充電で4~12本喫煙できるためチェーンスモークが可能。iQOSとの2台持ちとしてもオススメです。実勢価格は6,980円となっています。

本体を比べてみると、iQOS 2.4Plusが1φ×9.5Hcm/20gなのに対して、HERBSTICK CSが1.9Φ×10Hcm/50gとひと回り大きいサイズ。しかし、iQOSはこれ以外に充電チャージャーのケースが必須のため、実際は互換機の方が携帯性は上です。

iQOS互換機は風味が重ため

iQOS互換機の使い方は、iQOSのタバコ・ヒートスティックを吸引口にセット。タバコに書かれた「Marlboro」の文字が隠れるくらいまで押し込みます。本体側面のボタンを押すと赤いランプが点灯。ランプが青になったら喫煙開始のサインです。

加熱の仕組みは、iQOSはタバコ葉の中に加熱ブレードを突き刺し、内側から加熱する方式。一方の互換機となるHERBSTICK CSの加熱ブレードはiQOSよりも短く、外側から加熱しているようです。

実際に使用してみると、iQOS互換機のHERBSTICK CSの方が明らかに煙の量が少なく、風味が重ためでした。本体上部が結構熱を持つため、喫煙中は下の方を持つようにしましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。