ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

転売なら一番簡単に利益が出る家電アウトレット

アウトレット店やセールなどで家電を安く買い、相場で売るスタイルのが家電アウトレット転売。安定したニーズが強みです。まずは家電アウトレット転売の具体的なやり方や注意点を見ていきましょう。また、家電アウトレットの仕入れ方法による利益の変化も具体的に見ていきます。



スポンサーリンク
転売なら一番簡単に利益が出る家電アウトレット

家電アウトレット転売は元手が必要

安く商品を買い、相場程度の価格で売り差額で儲ける家電アウトレット転売。1番簡単なのは、家電量販店で年始の福袋を買いバラ売りをする方法です。また、爆安品が出る開店・閉店セールなどで仕入れるのも有効。店に買いに行くのが面倒なら、価格.comで検索して転売品を仕入れましょう。

家電アウトレット転売は価格が張るので、それなりの元手が必要になります。売れない在庫を抱えてしまうと次の仕入れができないので注意が必要です。このため、家電アウトレット転売では売れ筋をよく調べるのがキモ。たとえば9~10月は運動会・文化祭用にデジタルカメラやビデオカメラが人気になります。

また、支払い方法をクレジットカードにしたり、ヨドバシカメラやビックカメラで購入してポイントを貯めて利益にしてもよいでしょう。この方法なら仕入れる前に販売を行い、実際に売れてから用意すればOK。在庫を抱えるリスクを回避できます。

家電アウトレット転売の利益の変化

家電アウトレット転売での仕入れ方法による利益の変化を具体的に見てみましょう。ここでは、ソニーのハンディカム「FDR-AX30」を例にします。ソニーストアでの販売価格は107,870円です。

まずはセールを利用する場合。ハンディカムを福袋のバラ売りや開店・閉店セール、ネットのタイムセール、オークションサイトなどで購入すると、仕入れ値は65,000円になります。9万円で売れば2万5,000円の利益です。

次にネット通販を利用する場合。価格.comなどを使って最安店から仕入れて相場前後で販売した場合、仕入れ値は79,999円。9万円で売れば1万円の利益です。

最後は仕入れ方法を工夫した場合。仕入れ値と売り値はほぼ同じですが、仕入れ方法を工夫します。ポイント還元率が大きいクレジットカードや、安く仕入れた商品券を使い、薄利多売を狙う方法です。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。(文/秋本録画)

■「転売」おすすめ記事
ヤフオク転売に最適な高額レアグッズカタログ
転売で欠かせない価格調査ツールで相場を調べる
転売の販売先は手数料で選ぶとAmazonかヤフオク
転売するなら月額無料のフリマアプリが狙い目
転売よりも確実に儲かる購入代行の料金システム

■「家電アウトレット」おすすめ記事
家電アウトレットのメリットとデメリットとは?
ビックカメラとヨドバシの家電アウトレット比較
家電をアウトレット通販するならここにアクセス
家電アウトレットの未使用開封品はどんな意味?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。