ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自販機アプリ「Coke On」スタンプを貯める裏技

自販機大国の日本では、全国津々浦々に各飲料メーカーのドリンク自販機が設置されています。なかでも、ドリンク自販機最大手のコカ・コーラは、スマホアプリと連動してお得なスタンプが貯まる「Coke On」サービスを実施中。Coke Onのアプリは現金でも使えますが、ICカードなどのキャッシュレス決済と組み合わせるとより便利です。


自販機アプリ「Coke On」スタンプを貯める裏技

Coke Onスタンプによる割引率は約6%

コカ・コーラの自動販売機には、スマホアプリ「Coke On」と連動して還元が受けられるシステムが導入されています。すべてのコカ・コーラ自販機がCoke Onに対応しているわけではないものの、新型自販機であればCoke Onが利用可能です。

Coke Onは、対応のコカ・コーラ自販機とBluetoothを使い通信し、その後にドリンク1本を購入するとスタンプが1個手に入るというもの。このスタンプが15個貯まるとドリンク無料チケット1枚が手に入る仕組みで、同価格のドリンクを購入し続けた場合の割引率は約6.3%です。

割引率6.3%といえば、クレジットカードのポイント還元と比較するとかなりお得といえますが、自販機で購入する際に必ずアプリを立ち上げなければならないため、その手間が面倒です。そこで、よりお手軽にCoke Onのスタンプを手に入れる方法として、ICカードと連動する「Coke On IC」も利用可能です。

ICカードでCoke Onアプリの起動不要

Coke On ICは、あらかじめ登録したICカードを利用すれば、Coke Onアプリを立ち上げずにスタンプが手に入るというもの。Coke On IC対応のICカードは、全国相互利用サービス対応の交通系ICカード10種類とWAON・nanaco・楽天Edyとなっています。

ただし、Coke On ICを使うには注意点があり、一部の古いICカード対応のコカコーラ自販機についてはスタンプが貯まりません。Coke OnのWebサイトには、対応・非対応についてそれぞれICカード読み取り機のイラストが掲載されていますが、鍵となりそうなのはもうひとつの決済サービス「Coke On Pay」への対応状況です。

Coke On Payは、クレジットカードやQRコード決済を登録しておくことでCoke Onアプリ上からキャッシュレス決済ができるものですが、このサービスには決済用の通信回線が必要です。Coke On ICについても同様のことがいえ、スタンプの発行には通信回線が必要となるため、対応自販機が限定されていると考えられます。

■「自販機」おすすめ記事
コカ・コーラの自販機はアプリで買うのがおトク
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

■「クーポン」おすすめ記事
吉野家のクーポンはみそ汁50円が無料になる
ロイヤルホストがクーポンなしで最大50%オフ
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

■「金券」おすすめ記事
吉野家の株主優待券は金券ショップでも購入可能
東海道新幹線の料金が金券ショップより安くなる
金券ショップの優待券はチェーン店タイプがお得
まけんグミは金券の当たり「あ」がスケて見える

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事