ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ニュータンタンメンのレシピを勝手に再現してみた

神奈川県はラーメン激戦区として有名なエリアで、横浜の家系ラーメンは全国にその名を轟かせています。そして川崎にもまた多くのファンを集めるラーメン店があります。「元祖ニュータンタンメン本舗」です。ここの「ニュータンタンメン」が好き過ぎるあまり、厨房の様子を見ながらのルッキングコピーでレシピを勝手に再現しました。


ニュータンタンメンの再現レシピを勝手に作った

ニュータンタンメンのレシピを製作

ニュータンタンメンは「激うま塩坦々麺」という感じで、シンプルでいてガツンとくるニンニクに旨辛唐辛子は、最高の組み合わせです。ニュータンタンメンの具材はひき肉と溶き卵だけなのに調和の取れたスープは、独特の太麺とベストマッチします。

ということで、勝手に製作したニュータンタンメンの再現レシピを紹介しますが、これはあくまでも再現であって、完コピではありません。ニュータンタンメンの本物レシピはぜひ実店舗にてご賞味ください。

ニュータンタンメンレシピ2人分の材料は、生ニンニクが5片~(チューブニンニクではなく生推奨)、挽き肉が100~150g、生卵が3個、酒が大さじ1、鶏ガラスープの素が大さじ1~2です。ニュータンタンメンのレシピでは鶏ガラスープの素は無くても作れますが、味が少しさっぱり目に仕上がります。

このほか、ニュータンタンメンのレシピはハイミー/味の素が小さじ2。現在は「うま味調味料」と呼ばれ、植物由来で多くのラーメン店で使われています。塩が小さじ1、キムチ用赤唐辛子はお好みで大さじ1です。

なお、ニュータンタンメンのレシピは唐辛子の香りと旨味が強いキムチ用が超重要。ニュータンタンメンのレシピは辛いだけの唐辛子を入れたらおいしくなりません。あとは、市販ラーメン用生麺が太麺2玉と水が1Lです。今回のニュータンタンメンのレシピは「山岸一雄監修 つけ麺専用中華麺」を採用しています。

ニュータンタンメンのレシピが完成

ニュータンタンメンのレシピの作り方は、生ニンニクの皮を剥いて、みじん切り。麺を茹でるため、分量外の水2Lを沸かします。沸騰したら保温をキープ。これとは別に、ニュータンタンメンのレシピはスープ用の水1Lを沸かします。この時に鶏ガラスープの素を一緒に入れておいてください。

ニュータンタンメンのレシピはスープが沸騰したらひき肉を入れて、ゆっくり肉をほぐしてニンニクを投入。沸騰するまで待ちます。その間に麺を中火で約5分間茹でましょう。スープが再び沸騰したら灰汁取りをし、弱火にて酒・塩・ハイミーを入れてください。

ニュータンタンメンのレシピは、生卵3個をカップに入れてよく攪拌。スープを強火で温めてかき混ぜながら、溶き卵をゆっくり流し入れます。続いて、スープに唐辛子を入れて混ぜます。辛いのが苦手な人は少なめに。ニュータンタンメンのレシピは、味の調整をまず塩のみで行うのがコツです。

茹で上がった麺を湯切りして丼に入れ、完成したスープを上からかけ入れればニュータンタンメンのレシピ完成です。完全に同じ味とはなりませんが、そっくりなニュータンタンメンの再現レシピが完成しました。(文/もとやす)


ニュータンタンメンレシピのヒント

ニュータンタンメンは、肉体労働者やタクシー運転手向けにスタミナが付く料理として担々麺をアレンジし提供したのが発祥です。現在は「元祖ニュータンタンメン本舗」で広く提供されています。

同社ホームページには、ニュータンタンメンを「厳選した小麦粉に独自製法でモチモチ感を追求した麺。豚ガラ塩味ベースのスープに挽肉、ニンニク、玉子をからませ、粗挽き唐辛子でパンチをきかせた絶妙な仕上がり」と、レシピのヒントになるような記載があります。

ちなみに、元祖ニュータンタンメン本舗は川崎市が発祥です。現在は広くニュータンタンメンのレシピが受け継がれて、神奈川県、東京都、長野県、埼玉県、宮城県、千葉県に40店舗以上で展開されています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事