ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

はなまるうどん「かけ小」お得なアレンジレシピ

手頃な価格でさまざまな種類のうどんが楽しめるとあって節約志向のサラリーマンに大人気の「はなまるうどん」。中でも要注目のメニューが「かけ小」(130円)でしょう。ネギが乗っただけのシンプルなかけうどんですが、その安さはピカイチ。そこで、はなまるうんどん「かけ小」のお得なアレンジレシピを紹介しましょう。


スポンサーリンク
はなまるうどんアレンジレシピ

アレンジレシピはトッピングを活用

「かけ小」の安さに加えて、もう1つのポイントがトッピングの多さでしょう。はなまるうどんはトッピングの自由度が高く、ほかのメニューで使われているほとんどの具材が単品で注文可能です。

メニューに表示が無い場合でも、注文すれば「牛肉」「塩豚」(ともに200円)「カレー」(130円)などのトッピングを付けられます。

そして、「かけ小」をベースに、こうしたトッピングを活用すれば、既存のメニューよりも安く、同等の商品を再現できるのです。そこで、さまざまなトッピングを駆使した「かけ小」のアレンジレシピを見ていきましょう。

アレンジレシピで「かま玉」を再現

「かけ」は注文時に指定すれば「出汁ナシ」も可能。これを使えば「かけ小」のアレンジレシピで「かま玉」も忠実に再現できます。

「かけ小」に「生たまご」(80円)をトッピングしてよくかき混ぜ、テーブルにある醤油で、味を調節。こうすれば「かま玉小」(300円)が、90円も安い210円で自作できるわけです。

また、通常は450円する「塩豚ねぎうどん小」も、「かけ小」に先述の「塩豚」(200円)をトッピングするアレンジレシピでOKです。

通常の「塩豚ねぎうどん小」は、うどんの上に「塩豚」を乗せて提供されます。しかし、トッピングで注文した場合、別皿で出されるのも地味に嬉しいポイントといえるでしょう。活用しない手はありません。

■「フードチェーン」おすすめ記事
吉野家の裏メニュー「つゆだく」だけじゃない
吉野家の裏メニュー!?通販で食べる「親子丼」
吉野家のクーポンはみそ汁50円が無料になる
吉野家の株主優待券は金券ショップでも購入可能
吉野家一号店は築地市場の場内でメニュー限定
吉野家のクーポンを駆使して牛丼を限界まで安く

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事