ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows10が勝手に再起動するのを回避する方法

最近のパソコンは高機能化する一方で再起動の時間が長いため、使い終わるたびに電源をオフする人はいまや少数派でしょう。ところが、Windows10のパソコンを使い続けていると知らぬ間に再起動が行われ、未保存の作業ファイルがパーになるといったことも起こりがち。実は、簡単な設定ひとつで勝手に再起動は回避できます。


Windows10が勝手に再起動するのを回避する方法

Windows10の更新で勝手に再起動する

Windows10には、修正部分を自動的にインストールする「Windows Update」という機能があり、多くの人が活用しているはず。というのも、標準状態ではWindows Updateがオンになっていて、必ず事前確認が行われる大型アップデートを除き、自動的にWindowsが最新版に保たれているからです。

ただし、Windows UpdateでWindows10が更新されると再起動が必要となることがほとんど。そのため、自分が知らないうちにWindows UpdateでWindows10が更新されパソコンが勝手に再起動。未保存のファイルが消えてしまいこれまでの作業がパーになるといったこともおこりがちです。

こうした事態を避けるため、Windows Updateには自動的に再起動を行わないオプションも用意されています。この設定画面は、タスクバーにある「検索」ボタンをクリックし、現れたウインドウ下側の「ここに入力して検索」とある部分に「Windows Update」と入力して現れる「Windows Updateの設定画面」になります。

詳細オプションで勝手に再起動を阻止

その後、表示されているウインドウを下までスクロールし、「詳細オプション」をクリック。現れたウインドウ内のスイッチのうち、「更新プログラムをインストールするために再起動が必要な場合は、できるだけすぐにこのデバイスを再起動してください~」となっている項目を「オフ」にすればOKです。これで勝手に再起動を阻止できます。

また、Microsoftが公開するWindows10の修正プログラムはセキュリティ関連のものが多く、なるべく早くインストールしたほうがよいのは確かですが、連続して作業する場合は修正プログラムのインストールを先延ばししたいケースも出てきます。そうした場合、詳細オプションの設定でインストール日の調節もできるのです。

Windows10の更新延期の設定は「詳細オプション」のなかにある「更新の一時停止」という設定項目を利用。ここで日付を選択することで、最大35日まで延期が可能です。さらに、Windows Update設定のトップ画面には「アクティブ時間の変更」という項目があり、ここに指定した時間帯は自動再起動が行われない仕組みです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事