ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アップグレード前にWindows10環境バックアップ

Windowsの最新版「11」はデスクトップのデザインが大きく変わったと話題です。このほか、スナップ機能の強化やウィジェット機能の復活など、注目の機能が目白押し。すぐにでもアップグレードしたいという人も多いでしょう。ただし、アップグレード前にWindows10環境は、完全バックアップしておきましょう。


アップグレード前にWindows10環境バックアップ

Windows10バックアップに標準機能

Windowsには、もともと「システムイメージの作成」というバックアップ機能があります。コントロールパネルから利用可能です。ただし、サードパーティ製ツールを使った方が、利便性が高く管理しやすいのが実際のところ。おすすめのWindows10環境バックアップの方法を紹介します。

「AOMEI Backupper」は、HDDやSSDを完全バックアップできるツール。Windows11へのアップグレードなど、大きな変更を伴う操作の前には、こちらでバックアップしましょう。

使い方はメニューから操作項目を選び、画面に従って操作するだけ。バックアップや復元が簡単に行えます。実際にシステムをバックアップ・復元する手順を見ていきましょう。

Windows10バックアップの保存先選択

まずは「バックアップ」→「システムバックアップ」を選択。続いてデータの保存先を指定します。容量に余裕のあるドライブを選びましょう。これでデータのバックアップがスタート。完了するまでそのままにしておくと、バックアップが完了。復元したい場合は、管理メニューから選択すればOKです。

加えて、システム破損に備えてブータブルメディアを作っておきましょう。「ツール」→「ブータブルディスクの作成」を選択。DVD-RやUSBメモリなど、起動用のデバイスを指定します。

実際にシステム破損が起きたときは、起動用デバイスからPCを起動して、バックアップデータを復元可能。PCが通常起動しなくなったらこちらの出番です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事