ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チープカシオを改造してスマートウォッチ化する

最近ではYouTuberたちがこぞって取り上げ、若者たちの間で人気が再燃しているのが、カシオの腕時計「チープカシオ(チプカシ)」です。“チプカシ沼”というワードが存在するほど、その世界にハマる人が続出しています。安価であるゆえ心置きなくイジれるのもチプカシの魅力。チプカシをスマートウォッチ化する改造を紹介しましょう。


チープカシオを改造してスマートウォッチ化する

チープカシオ改造でNFCタグ埋め込み

チープカシオは、デジタルに比べれば気密性が低い「MQ-24」などのアナログタイプなら、簡易的なスマートウォッチ化が可能です。

裏ブタを開けるとある程度の余裕があるので、ICタグやNFCタグなどの薄型チップを仕込めます。腕時計は金属部品の集合体なので、金属対応のタグを選ぶのがコツです。

あとは好みのトリガーをタグに書き込めば、ワンタッチで電子錠を開けたり、スマホの起動役に使えます。アナログ時計が一気にハイテクになりました。

チープカシオを改造してミリタリー化

チープカシオ「MQ-24」の分解は、最初にベルトを外す作業から。内部はスペースがあり、各種タグを仕込むことができます。NFCタグは数百円で購入可能です。

今回は裏ブタにタグを貼り付けました。スマホにタッチし、きちんと反応するかを確かめて動作確認。専用アプリなどを用いて、タッチ時の指示を書き込めば完成です。

このほか、チープカシオを100均バンドでミリタリーウォッチ化する方法も紹介しましょう。チープカシオに対応する換えバンドは、さまざま売られていますが、そのどれもが時計本体よりも高額です。

そこで利用したいのが、100均のミリタリーバンド。サイズ調整も容易なので、ほぼすべてのチープカシオに対応します。バンドに合わせて、チープカシオ体をモスグリーンに塗装すると、ミリタリーウォッチ感が増すでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事