ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

初代ニンテンドー3DSのバッテリーを自力で交換

ゲーム機の互換パーツは、最新ハードからレトロゲームまでここ数年で非常に充実してきています。公式サポートの終了した旧ハードも、これらを活用すればセルフ修理が可能です。そこで、2011年2月に発売された初代ニンテンドー3DSを互換パーツで修理する方法を紹介しましょう。劣化しやすいバッテリーとアナログスティックを交換します。


初代ニンテンドー3DSのバッテリーを自力で交換

初代3DSの互換バッテリーは半額以下

2011年2月に発売され、全世界で約2,600万台が販売された初代ニンテンドー3DS。10年の時を経た本体は、バッテリーの持ちが悪くなったり、アナログスティックの反応が悪くなったりと、不具合も多数…。というわけで、それらの互換パーツを使った修理方法を紹介しましょう。

修理サポートの終わった初代3DSですが、実は純正タッチペンとバッテリーパックの販売は継続中。ただし、純正バッテリーは2,619円(+送料660円)と地味に高いので、ここは互換バッテリーメーカーの老舗・ロワジャパン製の商品を活用しましょう。

「容量アップ互換バッテリー」の実勢価格は1,080円と純正品の半額以下。純正バッテリーが1,300mAhであるのに対し、互換バッテリーが1,500mAhと微妙に容量アップしていのもうれしいところです。

初代3DSのアナログスティックを交換

初代3DSのバッテリー交換手順は、裏面のスロット側4箇所のネジをプラスドライバーで外し、バッテリーカバーを開けます。バッテリーのツメを持ち上げて、互換バッテリーと交換すれば完了です。

日々酷使されるアナログスティックは、劣化により不具合が起きやすい初代3DSのパーツ。スライドパッドとコントローラー基板がセットになった互換パーツを使えば簡単に修理可能です。

アナログスティック交換手順は、バッテリーカバーを開いた裏面にある9か所のネジを外し、基板上部にあるLRボタンのフィルムケーブルを取り外します。アナログスティックのネジとフィルムケーブルを外し、スティックを取り除いたら、互換パーツを取り付けて逆の手順で組み直すのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事