ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ビックカメラとヨドバシのポイントどっちが得?

池袋・高崎など主要駅前に出店する「ビックカメラ」は、鉄道利用に便利なビックカメラSuicaカードを発行しています。しかし、同じように新宿・大阪などに出店する「ヨドバシカメラ」には、鉄道会社系列の提携カードはありません。しかし、ヨドバシカメラでもSuicaと組み合わせることで、お得にポイントを貯められるのです。


ビックカメラとヨドバシのポイントどっちが得?

ヨドバシカメラで11.5%ポイント還元

ビックカメラSuicaカードは、大手家電量販店のビックカメラとJR東日本系列のビューカードが提携して発行するクレジットカードです。ビックカメラSuicaカード最大のメリットは、ビックカメラでのショッピングにSuicaチャージを利用することで、最大11.5%のポイント還元が受けられることです。

ビックカメラSuicaカードは他のクレジットカードと異なり、クレジットカード利用でのSuicaチャージにも1.5%分のJRE POINTが貯まります。このSuicaチャージ分を使ってビックカメラでショッピングをすると、現金利用と同じ10%分がビックポイントで還元されるため、合計したポイント還元率が11.5%になるというわけです。

しかし、ヨドバシカメラもSuicaチャージ利用によるポイント還元率は同じ10%です。例えば、ビックカメラSuicaカードでSuicaチャージを行い、そのチャージ分でヨドバシカメラでショッピングを行うと、ヨドバシカメラのゴールドポイントが現金同様に10%還元され、ビックカメラSuicaカードと同じ還元率である11.5%になります。

ヨドバシカメラでクレカ時のポイント

とはいえ、Suicaのチャージ金額には2万円という上限があるため、2万円を超える家電商品の支払いには使えません。そこで次に、ビックカメラやヨドバシカメラでクレジットカードを利用する場合、どのように支払うのがお得になるのかを考えてみます。

ヨドバシカメラには「ヨドバシゴールドポイントプラス」というクレジットカードがあり、このカードをヨドバシカメラで利用した場合、ポイント還元率は11%になります。一方、ビックカメラSuicaカードをビックカメラでクレジット決済にすると、ビックポイント10%+JRE POINT0.5%の合計10.5%還元にしかなりません。

とはいえ、ビックカメラでクレジットカードを利用する場合、ビックカメラSuicaカード以外はビックポイントによる還元率が8%へ下がります。このため、ビックカメラの利用が多い人であればビックカメラSuicaカードは持っていて損はないといえるでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事