ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows11を使い慣れた「10」風デザインに戻す

Windows11にアップグレードしたはいいものの、その変化になじめないならカスタマイズソフトで旧Windows風にデザインを変更しましょう。まず、スタートメニューは「Open Shell」でXPや7風に戻せます。そして、右クリックメニューは、「Winaero Tweaker」で10風に戻すことが可能です。


Windows11を使い慣れた「10」風デザインに戻す

旧Windows風のスタートメニュー再現

Windows11の大きな変更点に、デスクトップの改良があります。スタートボタンが中央に移動したことで、カーソルの移動距離が短くなり操作のストレスが軽減されました。

また、仮想デスクトップをタスクバーのボタンから切り替えられるようになった点も注目の新機能。また、スナップ機能の強化により、生産性を向上させる仕組みが施されています。

そんなWindows11のスタートボタンの変更をカスタマイズするなら、旧Windows風のスタートメニューを再現するソフト「Open Shell」です。Windowsキーにも対応し、スタートメニューが表示されます。

Windows11の右クリックを10に戻す

スタートメニューのスタイルは、歴代Windows風の3種類を用意。「Classic style」「Classic with two colums」「Windows 7 style」から選択可能です。

Windows11の右クリックメニューを10のスタイルに戻すなら「Winaero Tweaker」をインストール。Widnwosの細かい機能をカスタマイズできるようになります。

「Classic Full Context Menus」を有効化すると、Windows11で刷新された右クリックメニューを排除。使い慣れたWindows10までのスタイルに戻すことができるのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事