ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドン・キホーテの食品がどこよりも激安で販売中

「驚安の殿堂」のキャッチコピーで知られるドン・キホーテは、食品にも力を入れています。プライベートブランド「情熱価格」は家電製品のみならず、食品でもラインアップを展開。コロナ禍で自炊が増えた人に便利な大量買い向けの激安品を揃えています。ドン・キホーテの激安食品を見ていきましょう。


ドン・キホーテの食品がどこよりも激安で販売中

ドン・キホーテの食品が安い理由とは

特に安さが目立つのが「情熱価格ライトツナフレーク10缶」で、市場価格1,122円のところ643円で販売中。この商品が安い理由は4つあります。

「10個まとめ売り」「マグロでなくカツオ」「ラベル印刷なし」「ノンオイルではなくオイル入り」というのが理由。料理研究家も買い込んでいるといいます。

「薫麦食パン6枚切り」は、市場価格108円のところ64円です。こちらは第一パンとのコラボ商品。味はごく普通ですが、この安さは魅力でしょう。朝は食パン派なら買いでしょう。

ドン・キホーテの食品を使ったレシピ

「強炭酸水(1L)」は市場価格138円のところ84円。天然水を使った強炭酸水で、500mLの製品は48円です。メーカーは佐賀の飲料会社・友桝。レモン味やグレープフルーツ味もあります。

「いろいろ使えるたまねぎぽん酢(1L)」は、市場価格910円のところ430円。「ちくわ5本」は、市場価格105円のところ78円です。「スライスチーズ(12枚)」は140円(市場価格210円)、「ミックスチーズ(1kg)」は951円(市場価格1,400円)です。

ほかにも、スーパーより割安な品がたくさん。とくに、食パンやツナ缶は激安をうたうスーパーより安いので狙い目です。ドン・キホーテの公式サイトには、情熱価格の食品を使ったレシピ集なども掲載されています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事