ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

肉のハナマサ「かつサンド」は見つけたら即買い

星の数ほどあるプライベートブランド(PB)食品から、知らなきゃ損の逸品を聞き込み調査しました。PB食品といえばコンビニPBが浮かびますが、ここではクオリティ重視で、今すぐチェックしたいものをセレクト。中毒性が高くてリピート買い必至のPB食品を紹介しましょう。肉のハナマサの「かつサンド」は見つけたら即買いです。


スポンサーリンク
中毒性が高くてリピート買い必至のPB食品は?

肉のハナマサのもう1つのPB食品

肉のハナマサのPBには「プロ仕様」のほかもう1つ存在。それが「銀座ハナマサクオリティ」です。そのPB食品が「銀座ハナマサかつサンド」。見つけたら即ゲットしたい一品です。実勢価格は378円となっています。

なんといっても1cm以上ある肉の厚さ。そして、まさかの柔らかさ。パンも予想以上に柔らかく、総合パワーはかなり強めです。弁当コーナーで売られているのでお見逃しなく。最近は売り切れが多く、滅多に食べられません。

成城石井のPB「desica」の「2層の贅沢シュークリーム」は、上質な生クリームがぎっしりで、コンビニシュークリームでは足りない生クリーム分をたっぷり補充できます。下のカスタードクリームはマスカルポーネ入りでコクたっぷりです。

イオンのPB食品でも高めの価格

このPBのシュークリームは「おいしいけど高い」ことで知られる成城石井でも、価格を気にせず食べたい逸品。実勢価格は539円です。

イオンのPB「トップバリュ」にしては高めですが、それに比例して味も高クオリティなのが、本格的な味わいが人気の「ワールドダイニング」シリーズ。特に「カオガパオ」のバジルの効いた味わいはレストランクラスです。大きめのミニストップやまいばすけっとでも販売しています。実勢価格は429円です。

もう1つは、ぷりっぷりのエビが間違いない「海老餃子」。4個入りなので少人数でもOKですが、独り占めして食べるのも贅沢でしょう。割高なのが泣き所ですが、エビとタケノコのぷりっぷり具合がたまりません。実勢価格は429円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事