ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEトークのバックアップ先はOSで場所が異なる

LINEにはトークのバックアップ機能があり、これを使えば機種変更しても簡単にトークを引き継げます。ただし、iPhoneとAndroidといった異なるOSのスマホに機種変更する場合、LINEのアカウントを移行して、友だちリスト、グループ、購入したスタンプなどは引き継げますが、トークのバックアップは復元不可です。


LINEトークのバックアップ先はOSで場所が異なる

LINEトークをバックアップして機種変

LINEトークのバックアップ方法はiPhoneの場合「設定」→「トーク」とタップし、「トークのバックアップ」を開きます。これでiCloud上にトークが保存されるというわけです。

あとは機種変更した新端末でLINEにログインして「トーク履歴を復元」を選択すればOKです。バックアップしたLINEトークがそのまま引き継がれます。

LINEトークのバックアップ方法はAndroidの場合「設定」→「トーク」と選び、「トーク履歴のバックアップ・復元」を開きます。これでGoogleドライブ上にトークをバックアップできるのです。

LINEトークのバックアップ先が異なる

このようにLINEトークのバックアップは、iPhoneとAndroidで保存先がそれぞれ異なります。異なるOSのスマホに機種変更する場合は、事前にテキストファイルなどでLINEのトークをバックアップしておきましょう。

LINEのトークは「自動バックアップ」で毎日トークを自動保存しておくことも可能。また、写真やメッセージをピンポイントでバックアップする方法もあります。

通常、トーク内の動画や画像は2週間ほどで見られなくなってしまいますが、「Keep」しておくと、LINEアプリ内に無期限で保管しておけるのです。Keepの容量は1GBで、画像300枚ほど保管できます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事