ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

全57種のハードをプレイできるパチモノゲーム機

日々進化を続ける家庭用ゲーム機以上にチート級の発展を遂げているのが、中華製のいわゆる「パチモノゲーム機」です。あらゆる新旧ハードに対応して、今では50種類以上のハードが遊べる万能機も登場。熾烈な開発競争によって、続々と新モデルが錬成されています。というわけで、最新の高機能パチモノゲーム機を見ていきましょう。


全57種のハードをプレイできるパチモノゲーム機

パチモノゲーム機で全57種類のハード

DSやPSPといった比較的新しいハードにも対応したことで、キッズたちに大人気だった据え置き型のパチモノゲーム機「Super Consple X Pro」に新モデルが登場しました。

「Super Consple X MAX」は新たにセガサターンに対応し、全57種類のハードをプレイできるようになったハイエンドモデルです。実勢価格は9,349円~となっています。

このMAXは、Proよりも強力なSoCを搭載し、4Kをサポート。PSPやドリームキャストの処理落ちも低減しています。

パチモノゲーム機に海賊版6万本以上

ファミコンやATARIといった定番のレトロゲーム機からX68000やZX Spectrumといったレアハードまでカバーするほか、「おまけ」と呼ばれる海賊版収録数も公式通販で6万本以上です。

このおまけの海賊版収録数は、サイト上では50,000本となっていますが、実際は62,000本と逆サバを読んでいるほど。ハード・ソフト両面で悪魔的な逸品といえるでしょう。

強力なSoCのお陰でパチモノゲーム機としてだけでなく、Android搭載のセットトップボックスとしても優秀。各種動画配信サービスも視聴可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事