ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

PCに接続するだけでゲームが遊べるUSB HDDとは

国内では規制によって扱えない危険なパチモノゲーム機も、中国の通販サイト「AliExpress(アリエクスプレス)」なら堂々販売中です。最近では、PCが家庭用ゲーム機になるUSB接続の裏HDDが続々と登場しています。PCに接続するだけで家庭用ゲームがプレイできる「USB HDD」を見ていきましょう。


USB HDDはPCに接続するだけで家庭用ゲーム機?

USB HDDは自動でエミュレータマシン

PCをエミュレーターマシンにする「USB HDD」は、PCに接続するだけで家庭用ゲームがプレイできるようになる超危険なアイテムです。PCに接続するだけで自動でエミュレーターマシンになる新機軸のハードウエアといえます。

「Launchbox External Game HDD」は、個別にエミュレーターを集める必要がなく、最初から87種類のハードが遊べるというシロモノで、なんと現行機であるPS4にも対応しています。

しかも恐ろしいことに、12TBモデルには45,000本もの“新しい”海賊版ROMが内蔵されているといいます。45,000本の海賊版ROMの中には、PS4だけでなくPS3やWiiUなども含まれている模様。実勢価格は4TBが14,404円、12TBが33,243円です。

USB HDDにはケタ違いのゲームが収録

「Hyperspin HDD」もPCをエミュレーターマシンにする「USB HDD」の一種。レトロゲームに特化したモデルで、収録されている海賊版ROMは12TBモデルで10万本とケタ違いです。

対応エミュレーターは420以上で、レトロゲーム専用という割にはPS3やWiiUもカバー。収録されている海賊版ROMはバラエティに富んでおり、関数電卓や改造ROMといった変わり種も含まれています。

12TBモデルは10万本以上の海賊版ROMを収録。そのうち6,700本は、新しめの3Dゲームだといいます。実勢価格は4TBが14,675円、12TBが33,761円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事