ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK受信料の「世帯ごと」に別荘は含まれるか?

NHK受信料は、一般家庭の場合は「世帯」ごとに支払うのが決まりとなっています。世帯とは、同じ住所に住んでいて、同一の生計を営んでいる家族ごとの単位のことです。ここで疑問になるのが、二世帯住宅のケース。文字どおり、NHK受信料は2世帯分かかってしまうのでしょうか。また、別荘や単身赴任のNHK受信料はどうなるのでしょう。


NHK受信料の「世帯ごと」に別荘は含まれるか?

NHK受信料は世帯ごとに支払う規約

「日本放送協会受信規約」によると、NHK受信契約は世帯ごとに行うことになっています。すなわち、NHK受信料は「世帯ごと」に支払うことになっているのです。

ただし、受信規約でいう世帯は住民票上の世帯とは微妙に違っています。NHK受信料の世帯は「同一生計を営んでいるか」です。例えば、事実婚の夫婦は住民票は別々で別世帯ですが、NHK受信料は1世帯分の支払いで構いません。

二世帯住宅の場合も、仮に住民票が別々であってもNHK受信料は同一家計かどうかで1世帯か2世帯かを判断します。公共料金や生活費などを共通で支払っている家庭であれば、NHK受信料は1世帯分で済み、まったく別会計であれば2世帯分です。

NHK受信料は別荘や単身赴任は別途

シェアハウスのNHK受信料も、考え方は同じです。管理人が入居者を募集してテレビスペースも共用といったケースでは、管理人がNHK受信料を支払えばOK。ただし、シェアハウスでも独立度が高く、テレビの設置や高熱費が別管理の場合、入居者が別々にNHK受信料を支払う必要があるでしょう。

それでは、別荘のNHK受信料はどうなるでしょう。別荘にテレビが設置されていれば、NHK受信料が別途かかります。ただし、別住所であっても同一生計と認められる場合については、2契約目以降の受信料が半額になる「家族割引」の対象です。

これは単身赴任で別住所に住む人や、仕送りを受けながら下宿する大学生などのNHK受信料にも当てはまります。家族割引が適用された受信契約分については、2か月ごとに1か月分の受信料を支払うことになり、実質的に半額となる仕組みです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事