ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中華アクションカムのカオスな状況を招いた原因

アクションカムの性能を決めるのは「SoC」「イメージセンサー」「ファームウエア」の3点です。かつてはGoProが採用したSoCのお下がりをコピーしていれば、二周り周回遅れながら順当な進化が実現できていました。しかし、GoProが独自SoCに舵を切ってからは、中華アクションカムの性能差は開き続けているのが現状です。


中華アクションカムのカオスな状況を招いた原因

中華アクションカムの映像補正技術

カメラメーカー秘伝の高度な映像補正ソフトウエア技術が、中華アクションカムの各ブランドにはありません。SoCが提供する標準的な機能をベースとした中華製品は、採用SoCだけで性能が類推できるレベルです。

そしてSoCの供給に問題があるメーカーは、同じ型番でも「2022年進化版」などと銘打ち、中身のSoCを丸ごと変更する(性能が全く異なる)乱暴な製品を多数リリースしています。

例えばXTUブランドでは、HUAWEI系HiSiliconのSoCを採用していた中堅モデルが、上位モデルが採用しているAmbarellaの高性能SoCに変更。シリーズ3製品すべてのSoCが同一になるという、性能差が分かりにくくなるケースも出ています。

中華アクションカムのカオスな状況

「XTU MAX PRO」(実勢価格:22,000円)は4K/60fpsに対応し、SoCにAmbarella H22を搭載したXTUシリーズの最上位機種。下位モデルも同一SoCに変更されましたが、性能は差別化されているといいます。

また「Crosstour CT9500」(実勢価格:8,600円)は、2021年以前からある定番機種で、HiSilicon製のSoCを採用。同一型番でも出荷時期で仕様が異なり、2022年版はファームウエアが更新されているといった具合です。

「進化版」と付ければ何をしても問題ないというこの風潮が、同じ型番の中華アクションカムでも使用感が一致しない…といったカオスな状況を招いているのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事