ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

進化を続ける中華エミュレータおすすめ最新機種

最近、高機能化が著しい中華エミュレータ機も、吸い出したゲームを遊ぶ際の有力な選択肢です。さまざまなハードのエミュレーターがあらかじめ内蔵されており、ROMイメージを入れるだけでプレイできる手軽さも魅力です。元々がゲーム機としても開発されているので、PCやスマホに比べて操作性が高いというメリットもあります。


進化を続ける中華エミュレータおすすめ最新機種

中華エミュレータでハード60種類以上

さっそく、中華エミュレータ機2022年おすすめの最新マシンを紹介しましょう。ただし、エミュレータでプレイできるのは、あくまで手持ちのソフトだけ。中華エミュレータ機に“おまけ”として付属する大量の海賊版ROMには手を出してはいけません。

「Super Console X Max Plus」は据え置き型中華エミュレーター機「SuperConsole」シリーズの最新版。据え置き型は携帯機に比べてハイエンドなSoCを搭載でき、対応ハードが多いのが特徴です。

この据え置き型中華エミュレータは60種類以上のハードをカバーし、PSP、ドリームキャスト、セガサターンなどが遊べます。実勢価格は16,995円です。

中華エミュレータ携帯型トップクラス

「Miyoo Mini」は昨今の高級機路線の携帯型モデルのカウンターとして投入された中華エミュレータ機。対応ハードはやや少ないものの、ファミコンからプレステまで主要なハードは一通りカバーしています。

ゲームボーイのようなデザインも魅力でしょう。何より1万円を切るお手頃価格で、現在大ヒット中。対応ハード数は16機種で、実勢価格は8,495円です。

「Retroid Pocket 2+」は、携帯型ではトップクラスの性能の中華エミュレータ機。高性能なSoCを搭載し、セガサターンやゲームキューブなどにも対応しています。

Android9.0搭載で、Google Playからエミュレータアプリを追加することも可能。もちろん、公式のランチャーもあらかじめ搭載されています。対応ハード数は50機種以上で、実勢価格は16,995円です。(文/pusai)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事