ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GoProと中華アクションカムの夜間撮影の差は?

2万円以下の中華アクションカムが夜間撮影でGoProにどこまで迫れるかテストしてみました。比較したのは「GoPro HERO9」「XTU MAX PRO」「Crosstour CT9500」「SJCAM SJ10Pro」です。いずれも4Kに対応しているので、テスト時は4K/60fpsで手ブレ補正ありに設定(CT9500のみ4K/30fps)しました。


GoProと中華アクションカムの夜間撮影の差は?

GoProでも薄暗い夜間の撮影は苦手

ちなみに、アクションカムはセンサーサイズが小型なため、もともと夜間撮影には不向き。とはいえ、せっかくの機会なので、暗所でも画質に差が出るのかテストしました。

「GoPro HERO9」で薄暗いガード下を撮影。色合いなどは自然ですが、GoProでもこの手の撮影は苦手の様子。夜間撮影専用に設定を調整すれば、ノイズは多くても明るさなどには対応可能でしょう。

「XTU MAX PRO」は、ノイズがかなり強く、暗所撮影に弱いことが見受けられます。暗所専用に設定を詰めて、定点カメラ的に使用しても厳しいでしょう。車種の特定もギリギリできるレベルです。

GoPro低価格化と中華アクションカム

「SJCAM SJ10Pro」は、色合いも自然で、細部のディティールも鮮明。中華アクションカムにしてはよくやっている印象です。ただし、1万円をプラスするとGoProが買える実勢価格33,000円であることは忘れてはいけません。

「Crosstour CT9500」は、画角は狭いものの、色合いやノイズ感などはさほど破綻していません。ただし、高圧縮&引き伸ばし感のあるのっぺり画質で、ナンバーなどは読み取れませんでした。

この通り、2万円以上の中華アクションカムならGoProに迫る部分もあるものの、それならばGoProでよいでしょう。GoProの低価格化と、1万円以下中華アクションカムの全滅で、数年前と情勢は大きく変わりました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事