ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BSの有料放送でスクランブル解除する仕組みとは

NHK受信料を除けば基本無料で視聴できる地デジ放送に対し、BS放送にはWOWOWを始めとする有料チャンネルが数多く放送中です。有料チャンネルは、未契約の状態でチャンネルを合わせても放送内容は表示されない、いわゆるスクランブルがかかった状態になります。それでは、有料チャンネルのスクランブル解除はどのような仕組みで行われるのでしょうか。


BSの有料放送でスクランブル解除する仕組みとは

BS放送は無料番組もスクランブル解除

BS放送では、B-CAS・ACASといった視聴者を制限するための仕組みが導入され、テレビを含むすべての受信機器はこれに対応する必要があります。ちなみにB-CAS・ACASの「CAS」は「Conditional Access System(限定受信システム)」の略です。

アナログ放送と異なり、デジタル化後のBS放送では、B-CASやACASのID番号がないと表示自体ができません。というのも、現在のBS放送の信号は暗号化されており、無料番組であってもB-CASやACASを利用して暗号を解く必要があるためです。

ただし、無料番組と有料番組では暗号化を解く方法が異なります。無料番組の場合、じつは受信にB-CASやACASのID番号は必要なく、放送と一緒に送られてくる鍵「コンテンツ鍵」「スクランブル鍵」の2種類を利用して暗号を解除します。ただし、鍵の使用にB-CASカードやACASチップが使われるため、これらがないと受信できません。

BS有料放送スクランブル解除に時間差

一方、有料番組については契約情報をB-CASやACASのID番号と紐付けする仕組みです。このとき、B-CAS・ACASの規格上は、番組単位で購入する「ペイパービュー(PPV)」からチャンネルごとの個別契約、WOWOWのようなパック契約まで、さまざまな利用方法に対応するものとなっていて、そのぶん仕組みが複雑になっています。

基本となるチャンネル個別契約の場合、契約後に視聴に利用するテレビなどをそのチャンネルに合わせ、「ワーク鍵」と呼ばれる鍵が送信されてくるのを待ちます。ワーク鍵自体も暗号化されており、この暗号を解くために利用するのがB-CASカードやACASチップに保存されている「マスター鍵」です。

ワーク鍵は契約者ごとに異なり、有料チャンネルでは24時間大量のワーク鍵を送信し続けています。このうち、視聴者側が持つマスター鍵で解読できるものは1種類だけで、その鍵が放送電波で送信されるまで待つ必要があります。有料チャンネルを契約してもすぐ視聴できないのは、この待ち時間のためです。


BS放送スクランブルにメッセージ機能

ワーク鍵を入手すると、その情報がB-CASカードやACASチップに保存されます。さらに、実際の番組の暗号を解除するには「スクランブル鍵」が必要です。無料番組のスクランブル鍵はコンテンツ鍵で自由に解読できるのに対し、有料チャンネルでは有効なワーク鍵が保存されたB-CASカードやACASチップのみ暗号が解読可能です。

その後、スクランブル鍵を利用して暗号化された番組内容を解読することで、実際に番組を視聴できるようになります。なお、有効なワーク鍵を持たないテレビなどに対しては「契約のお願い」などのメッセージを表示する機能がB-CASやACASにはあり、NHKのBS放送で未契約者向けに流れるメッセージもこれを利用しているのです。

さらに、ワーク鍵については複数チャンネルをひとまとめにすることも可能で、4チャンネル一括契約のWOWOWなどはこの仕組みを利用します。なお、B-CASやACASにはPPVに対応する仕組みも用意されているものの、現在のところBS放送でPPVは実施されていません。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事